無無無庵

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く
トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

方言はAI翻訳に

NHKをはじめ、天気予報を伝える気象予報士は、明確な言葉遣いをしない。
「雨が降るかもしれない」「折り畳みの傘を持ったほうが安心です」...etc.
代議士とか役人も明確な言葉遣いをしないし、都合が悪いと意味の不明確な定義付けされていない新造語を用いて逃げに回る姿は感服するしかない。

そのような逃げ的な言葉として考えれば、「天気予報」とは、「予想」を「報道」する事と言う。
また、「天気予報」というストレートな言葉ではなく、例えばNHKでは「気象情報」と呼ぶ。
その気象情報で、したり顔の予報士が「〇〇の状況を、見ていきましょう」と述べる。「......を、ご覧ください」ではない。
すなわち『予報士が、視聴者に見ていただく事を依頼した』のではなく『視聴者が、予報士と共に勝手に見た』ということで、予報士が主導的に引率しているのではないという姿勢だ。視聴者が勝手に見た内容が、的中しようと外れようと予報士の範疇ではないのだ。
過去記事「大丈夫ですか?」と同様に、予報士は能動的に自分だけの勝手で動いてるだけの事なのだ。

最近のように交通が便利な世の中では、旅先で病気になる事も少なくないだろう。
旅先で自分の救助を訴えても、方言の垣根が邪魔をして、会話が成立しない場面も少なくない。
生まれた土地から移動した経験の無い人は、自分の方言に気がつかない。自分の話す言葉がすべてであり、それが方言であるという事にすら気づかない。
過去記事:その日本語は何ですか? / 金沢の「にぇ~」 / 専門用語は止そう / 方言アナウンサーを笑う / 女性の言葉は花魁か / 天気アナウンサーの話し方 / 滑舌の悪いシニアに
10年以上前のことだが、日本語ワープロソフトを製造・販売するジャストシステムが「ほぐりべ」というサイトを開設していた。顧客参加型で、ユーザーから全国の方言を集める事ができるシステムであったが、いつの頃からか消えていた。
現在、ユーザー参加型ではないが「全国方言辞典 - goo辞書」がある。俺は仕事人時代に全国に出かけていた頃には、著名な土地のの方言は話す事が話せたが、最近はサッパリである。方言はおろか、真っ当な標準語を話しているのか(?)自信が無い。暇つぶしに眺めると、昔話を思い出せて楽しい。
ジャストシステムの「ほぐりべ」や goo辞書の「全国方言辞典」の将来はどうなるのだろうか?

来る東京オリンピックに向けてばかりではないようだが、最近のGoogle翻訳は賢い。Webブラウザの拡張機能として以外にも、携帯電話を通じた音声での翻訳でも随分賢くなったようだ。
当地石川県でも警察や救急隊などでGoogle翻訳を導入するとのことだ。しかし、日本語と中国語・韓国語・英語という翻訳体制であって、アラビア語とかにまでは手が回っていないようだ。

それはそれで或る意味の進歩であろう。俺的には、前述の「明確な言葉遣いをしない日本語」を翻訳できる環境が欲しい。万能のように思いがちな人工知能(英: artificial intelligence、AI)であるが、言語名良意味不明な日本語、更には方言を、どのように翻訳するのであろうか。


それにしても、立憲民主党幹部として頻繁にマスコミに顔出しする女性議員達の言動には呆れ果てる。
安倍草履が大の嫌いな俺ですらも、あの輩の言動にはうんざりとする。国会で議論をするというよりは(大嘘つきに)難癖をつけている町内会の自分の事しか考えていない杓文字連の小母さんにしか見えない。大嘘と難癖をAI翻訳して欲しいものだが、翻訳機が壊れるかもしれないな。
映画『ラスト・デイズ』予告編

KB4524244情報

2020/02/12、Windows 10 v1909定例の2月累積更新にて行われた「Security Update for Windows 10 Version 1909 for x64-based Systems (KB4524244)」について、以下の情報あり。
Microsoft、Windows 10用の更新プログラムKB4524244を撤回 | ソフトアンテナブログ(2020.02.16)
Microsoft、Windows 10向けのUEFIセキュリティパッチを公開するも、問題発生により撤回 - 窓の杜(2020/02/17)
俺の環境では殊更の問題は無かったが、この更新プログラムが撤回されたとの事につき、(2020/02/17)KB4524244をアンインストールした。アンインストール後も殊更の問題は無し。
なお、本工事によるバージョン変化は無く、Windows 10 v1909 OSビルド 18363.657也。

<<上記のKB4524244を除去後、以下によりKB4532693の不具合を知る>>
Windows 10の更新プログラムKB4532693で起動に失敗しブルースクリーンが発生する問題が報告 | ソフトアンテナブログ(2020.02.17)
※KB4524244同様に俺の環境では殊更の問題は無い。KB4524244のように撤回されてはいない模様につきアンインストールは見合わせる事にしたかったが、「ユーザープロファイルに含まれるファイルが完全に削除されてしまい、元に戻すこともできないという不具合も報告されている」との事なので(2020/02/17)KB4532693のアンインストールを考えたが、アンインストールしても再度更新プログラムが適用されてしまうので「更新を一時停止する」しかないらしいので、KB4532693のアンインストールは行わない事にした。
こうしてみると、2020/02/12の「Windows 10 v1909定例の2月累積更新」は無用であった。
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
『2020年に改定される個人情報保護法により、WebブラウザでCookieを有効にする事を規制する』方針に関連し、「拍手ボタン」と「Twitterのいいねボタン」をブログから除去を思案中。忍者ツールは退会した。

COVID-19:考

単純に「新型コロナウィルス」と呼ばれていた病原菌は、世界保健機関(WHO)が「SARS-CoV-2(暫定名は2019-nCoV)、2019年新型コロナウイルス」と命名した。SARS-CoV-2によって発症するウイルス性呼吸器疾患は、WHOが2020年2月11日に「COVID-19(コビッド・ナインティーン)、2019新型コロナウイルスによる急性呼吸器疾患」と命名した。日本の法令においては2020年1月28日時点で「新型コロナウイルス感染症」と定めている。(WikiPedia:コロナウイルス / コウモリ由来のウイルス)
人獣共通感染症であり、2019年12月から中華人民共和国湖北省武漢市を感染源とした流行が拡大した際に初めて検出され、新興感染症となった。
重症急性呼吸器症候群(SARS) /中東呼吸器症候群(MERS)/ 気道感染
政権は「水際作戦」とやらを連呼していたが、水際を乗り越えて本丸に迫る勢いとなり、世界から失態ぶりを指摘される今になっても手をこまねいているに等しい。
古くに世界中に流行り致死率が60%とされた感染症伝染病)のペストですら、日本でのペスト発生による死者は3桁に及んでいないそうだ。そんな歴史の中での「政権としての油断」があるのだろうか。

世の中、医者もそれぞれ立場によって発言の内容が異なる。俺的には、この発言が正しいと思える。
国内の「市中感染」連鎖を警戒 経路不明、重症化対応が急務|Infoseekニュース
風邪にしろ、インフルエンザにしろ、それなりに死に至る感染症であったが、島国の日本では根性が有れば風邪もひかず、ひいても重症化することはなく、そんな風邪で死ぬ者はろくなものではないとされた。
ヒアリ」や「毒クモ」など、水際で止められると政権が公言した外来生物は今では日本中にいるのだ。
今年からはCOVID-19という、風邪よりは致死率の高い流行り病で死ぬかもしれない者が増えただけの事だ。WHOの発表によれば致命率は3%程度と推定されているとの事。100人が感染すれば3人死ぬということだ。SARSの致命率は9.6%。これからは、禁煙外来の病院に「呼吸器外来」の看板を付け足すのか。
マダニにかじられようが、飼い犬に舐められようが、最近は死に方が増えている。また一つ増えた。
日本脳炎など日本から消えた感染症は多いが..オリンピックに蚊(デング熱黄熱)。輸入感染症


感染6万8500人 × 3%の致死率 = 2,055人が死ぬという計算になる

この度のCOVID-19騒動は、アメリカのSF『アンドロメダ病原体』を原作とした映画『アンドロメダ…』を彷彿する。また、小松左京SFと同名映画『復活の日』。未来は既に現実になった。
アンドロメダ・ストレイン(The Andromeda Strain) 予告編

UNIVERSALMOVIES01 YouTubeより

Kasperskyに質問:控

以前より、Firefoxでアクセスした場合に発生するエラーメッセージについて、以下の質問をした。
~~~< 2020/02/14 14時 >~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Mozilla Firefoxでアクセスした場合、以下のような(添付画像)エラーが出ます。
例としてYahoo!(https://www.yahoo.co.jp/)にアクセスした事例です。
>AO Kaspersky Lab
>Mozillaはこの証明書の発行者を承認していません。OSまたはシステム管理者により追加された可能性があります

Google Chromeや、Chromium版のMicrosoft Edgeでは何事も有りません。
OS及びブラウザともに、最新版を利用しています。
Firefoxで何かしらの設定をすれば良いのかしらんとも思うのですが、どうすれば良いのかわかりません。
アドバイスいただきたく、よろしくお願いします
20200214134612

20200214134608

20200214134605

~~~< 2020/02/14 17時 >~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
関連過去記事:どうして「Symantec」 / TLS 1.0/1.1サポート終 /
ちなみに、「認証局:AO Kaspersky Lab」発行は(2018/08/03)時点で、「Firefox」「Chrome」共にOK
.「調査用データ」を取って送れとのこと。
.データを見たら製品とはカスペルスキーと互換性のない「Glary Utilities 5.136 - 5.136.0.162」がある。これをアンインストして確認。それでダメならさらに「トレースデータ」を取って送れとのこと。
「トレースデータ」のファイル(ZIP圧縮済)サイズが60.5 MBと大きく送れない。
~~~< 2020/02/14 18時 >~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ご指摘の「Glary Utilities 5.136 - 5.136.0.162」をWindows 標準の方法で削除しました。なお、当該製品は「専用の削除ツールを使用して削除」に掲載された製品ではありません。
当該製品をアンインストールしても改善がみられなかった為、トレースデータの取得を行いましたので、本文に添付して送付しますのでよろしくお願いします。
なお、
>お客さまがご利用のコンピュータ内に、弊社製品とは互換性のない下記のアプリケーションがインストールされていることを確認いたしました。
との当該製品は数年(はっきり記憶していませんが5年以上)利用しています。また、当初の質問にも書きましたが「Google Chromeや、Chromium版のMicrosoft Edgeでは何事も有りません。」
したがって、素人としては「Firefoxがチェックする証明書にAO Kaspersky Labがマッチしていない」だけの事と考えています。
2018年には「10月公開の「Firefox 63」、シマンテック発行の証明書を完全に無効化へ--モジラが警告 - ZDNet Japan」という事がありました。
https://japan.zdnet.com/article/35123458/
この際は「Symantecの証明書はFirefoxとChromeから拒絶」されました。(この際は「認証局:AO Kaspersky Lab」発行は「Firefox」「Chrome」共にOKでした)
同じことが「認証局:AO Kaspersky Lab」に発生しているのではないでしょうか。
トレースデータは60.5 MB ですので「 WebDAVを使って大容量ファイルをアップロード 」するしかないと思いましたが、それ用のソフトが必要とのこと。
不要なソフトをインストールしてまでデータを送付し、本件を解決しようとは思いません。
そらから別の方法の提案・案内が無い場合は、本件はこれにて決了といたしたく考えています。
~~~< 2020/02/15 14時 >~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「Google ドライブ」「Dropbox」共に未体験です。それのファイルを共有するするなど操作を行うリスクを承知で本件を解決したいとは考えません。 当方より質問しながら、はなはだ勝手ですが本件の解決に関わる考えはありません。 その内解決されるだろう事を期待しています。
 追記
 1.数ヶ月前、Mozilla Thunderbirdにて「 暗号化された接続が確立されたドメインに対する信頼性を保証できません 」と表示される事があり、以下の「除外リストに登録する方法 」により対応し現在は問題ありません。 https://support.kaspersky.co.jp/common/safemoney/12489#block4
2.本質問をした後に以下「カスペルスキーのルート証明書を Mozilla Firefox または Thunderbird に追加する方法」の「Mozilla Firefox の場合」を試してみましたが、
https://support.kaspersky.co.jp/14620#block4 手順1「about:config」による方法、手順 7「inetcpl.cpl」ともに効果はありませんでした。
==・==<< 勝手にまとめ >>==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==
Firefox v72からv73になった(02/12)事で、アンチウイルスソフトウェアの0patchが何やらある様な話題も見受ける。数あるアンチウイルスソフトウェアだが、偶々CATVから無償提供されているから利用しているだけのカスペルスキーである。これを機会にWindowsの標準セキュリティであるWindows Defenderに乗り換えるという選択肢もある。(Windows Defender説明)
Microsoft Security Essentials  / 公式ウェブサイト / Microsoft 日本のセキュリティチーム 
AO Kaspersky Lab ※以下について試行したが効果無し
カスペルスキーのルート証明書を Mozilla Firefox または Thunderbird に追加する方法
※Mozilla Firefox ・ Thunderbird 共にAO Kaspersky Labは証明書に無い。追加インストールする事を考えたが、当面は見送りとした。
 2020/02/16、Firefox v73.0をリフレッシュしてみたが効果無し
【参考】Firefox をリフレッシュする - アドオンや設定のリセット

robots.txt:学

このブログでは「Windows XP及びWindows Vista・Windows 8 利用者の来庵拒否」を繰り返してきたが、2019年の暮れを以って行わない事を宣言した。
取り止めとした主要因は「来訪拒否に利用する忍者バリアがSSLに対応していない為、2020年の春に(https)化されるlivedoorブログに最近のブラザでアクセスした場合「安全でないコンテンツがブロックされました」とのマークが表示される事が明確になり、来訪拒否をする目的意図に反する為也。
しかし、「忍者バリア」を提供する「忍者ツール」が2020/01/25頃より不具合となった事で、古いOSによるアクセスが見受けられる事を再確認した。
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
という事で、来訪拒否の必要性を再認識し、「忍者バリア」を用いずとも来訪拒否できる方法を工夫することにした。アクセス拒否の条件としては、IPアドレス・ホスト名・リファラー・ユーザーエージェントあたりが上げられる。俺的には、アクセキ解析研究所ツールと併用する事とすれば、必要なアクセス拒否の条件はユーザーエージェント(UserAgent = UA)だけに絞って考えてよい。

UAで拒否などのアクセス制限をする場合は、「.htaccess」or「robots.txt」を用いるらしい。「.htaccess」は、無料レンタルブログでは設置できない模様で利用できない。FC2ブログでは「robots.txtの設定」ができる。livedoorブログで設置できるのかは不明である。
また、「robots.txt」でUAの思うような制御が設定できるのかも判っていない。ChromeではUAの表し方を変えるとのアナウンスがなされた今、これを学ぶのが適当なのだろうか(?)とも思う。
robots.txt で指定したからといってプライバシーが保たれることを保証するものではない。robots.txt で見られたくないファイルを指定したとしても、ウェブブラウザを使えば世界中の誰でもそのファイルを閲覧できる。また、このプロトコルを無視するボットを運用することも可能である。

2020/02/16、忍者ツールを退会

オーストラリア大陸:学

オーストラリア大陸の森林火災が報道されてから随分経つ。
やっと大雨が降ったことで鎮火に向かっているようだが、こんどは洪水への警戒とのこと。

オーストラリア大陸の面積は6つの大陸の中で最小で、地図を見る限りでは砂漠が多いようだが..
WikiPediaのオーストラリア大陸によれば
オーストラリア大陸は、ゴンドワナ大陸から分離して、現在の南極大陸、オーストラリア大陸、インド亜大陸などができたとされている。ヒトは4万年以上前にスンダランドより移住してきたと言われ、その子孫がアボリジニ(先住民)である。アボリジニの伝承には、ヨーロッパ人の来訪以前からも、どこからかやってきた黒人や白人たちと交流があったとの話が伝わっており、約4000年前にはオーストラリア大陸へと渡った古代のインド人とアボリジニとが混血していたという。
なぜか北半球にばかり存在することになったパンゲア大陸であるが、プレートテクトニクスとは大した理論を考えついたものである。
超大陸パンゲアが分裂し、テチス海を挟んでローラシア大陸ゴンドワナ大陸が生成された。ローラシア大陸は、さらに分裂していき、ユーラシア大陸北アメリカ大陸が形成されていく。ローラシア大陸は、かつてパンゲア大陸を形成したローレンシア大陸バルティカ大陸シベリア大陸カザフスタニア及びシナ地塊から成る。



WikiPedia:アメイジア大陸 / サフル大陸 / プルームテクトニクス / パンサラッサ / パンゲア・ウルティマ大陸
「超大陸パンゲア」に現代の国境が描かれた画像がスゴイ | ナゾロジー

地軸は思いのほか頻繁に変動しているとのことだ。北極点南極点が入れ替わる可能性もあるとのことだ。
地球がそんなにうごめいているのなら、オーストラリア大陸が南半球に一人旅していても不思議はない。
地球温暖化の影響で南極の氷の下に海水が出入りしており、このままだとイギリス位の大きさの氷が溶けだして漂流するとか
海面上昇、従来予測の2倍に 氷解が加速=英研究 - BBCニュース

WikiPedia:ポールシフト

過去記事:5億年前の地球失われた大陸はドコに? / 黄色の地球 /

02/12、Win10 更新

02/12、Windows 10 v1909定例の2月累積更新あり。(KB890830、KB4537759、KB4532693)
20200212074432

再起動を含め、更新の所要時間は25分程度。
これにより、Windows 10のv1909 OSビルド 18363.592⇒18363.657也。
前回2020/01/15にも降臨したKB890830が再降臨している原因は不明
Windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツールで流行している特定の悪質なソフトウェアを削除する」での説明内容に理解が及ばない。グチャと書かれているが、自動アップデートされたのか?、それとも別途手動でDLLしろという事なのか? 
向後は、03/11、04/15、05/13と定期更新が行われる予定だが、途中でv2004へのグレードアップ有るだろうと見込んでいる。(過去記事:Win10、v2004情報)

Internet Explorer 9~11 に脆弱性が有るとの事也であったが、本日のUpdateで修正されたとの事。
「v11.535.18362.0、更新v11.0.170(KB4534251)」⇒
「v11.657.18362.0、更新v11.0.175(KB4537767)」也。
過去記事IE 9~11 に脆弱性 / (Win7用 IE 11サポ終了 / 01/16、新Edge公開 / (@^^)/~~Windows 7) / 01/29、Win10 更新
e-Taxで確定申告は待機」については、しばし模様眺めする。
Microsoft、2月の月例更新でInternet Explorerのゼロデイ脆弱性を修正 | スラド セキュリティ
v1511と1703を除くWindows 10の全バージョンと、Windows 7 SP1/8.1/RT 8.1/Server 2008 SP2~2019
「Windows 10 October 2018 Update」のサポートが5月12日で終了 ~Microsoftが注意喚起 - 窓の杜
2018年秋にリリースされたWindows 10 v1809は、公開後18カ月のサポート期間が終る。
なお、v1809はv1909への自動配信が始まっている
上記の自動アップデート完了後、念のため更新チェックしたら「Security Update for Windows 10 Version 1909 for x64-based Systems (KB4524244)」の追加降臨があった。1分程度で完了、再起動は無し。
20200212080813
【追記:2020/02/17】
Microsoft、Windows 10用の更新プログラムKB4524244を撤回 | ソフトアンテナブログ(2020.02.16)
Microsoft、Windows 10向けのUEFIセキュリティパッチを公開するも、問題発生により撤回 - 窓の杜(2020/02/17)
※俺の環境では殊更の問題は無かったが、この更新プログラムがマイクロソフトで撤回されたとの事につき、(2020/02/17)KB4524244をアンインストールした。アンインストール後も殊更の問題は無し。
<<上記のKB4524244を除去後、以下によりKB4532693の不具合を知る>>
Windows 10の更新プログラムKB4532693で起動に失敗しブルースクリーンが発生する問題が報告 | ソフトアンテナブログ(2020.02.17)
※KB4524244同様に俺の環境では殊更の問題は無い。KB4524244のように撤回されてはいない模様につきアンインストールは見合わせる事にしたかったが、「ユーザープロファイルに含まれるファイルが完全に削除されてしまい、元に戻すこともできないという不具合も報告されている」との事なので(2020/02/17)KB4532693のアンインストールを考えたが、アンインストールしても再度更新プログラムが適用されてしまうので「更新を一時停止する」しかないらしいので、KB4532693のアンインストールは行わない事にした。
こうしてみると、2020/02/12の「Windows 10 v1909定例の2月累積更新」は無用であった。
更に、コントロールパネルから更新プログラム見ると「2020-02 Windows 10 Version 1909 サービス スタック更新プログラム(KB4538674)」が適用されている事を確認。
2020 年 2 月のセキュリティ更新プログラム (月例) - Microsoft Security Response Center
他にもアップデートが続き、Firefox・Chrome・Edge・Adobe絡みThunderbird

<< 気になる情報 >>
<< Windows 7の情報 >>

関連記事:Windows 10の不調記録:7  / アドインのインストール状況:03/ ソフトのインストール状況:04ブラウザのアップデート:3 / 「修復ディスク」を作成-2 / ★SSL / TLS 設定方法 / デバイスドライバ学 / 起動用媒体を作っておく / インストールメディア作成 / Windows 10の役立ち情報 / My IPアドレス履歴  / アクセス許可を整理 / Win診断データの提供:考
罪を償え安倍草履

月別アーカイブ
Photogallery -最新6枚
  • 方言はAI翻訳に
  • COVID-19:考
  • オーストラリア大陸:学
  • オーストラリア大陸:学
  • オーストラリア大陸:学
  • Chromeの新機能:学
instagram

コメント感謝 -最新12件
ブログ内 検索

タグ絞り込み検索
禁煙始め

今日は何の日?

2020年の日本
2020年
旧暦カレンダー
便利コム
気象情報-livedoor石川県

 遊びに行こう


名言黒板
ことわざブログパーツ
ブログランキング
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
更新情報RSS
follow us in feedly   無無無庵RSS
このエントリーをはてなブックマークに追加

I use Windows10 & Firefox
Display 1366×768 に最適化
・・ リンクフリー ・・
ブログ始めて

現在の閲覧者数:
KEIROMICHI
  • ライブドアブログ