無無無庵

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く
トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

livedoorブログ:雑感

年度も改まり、誰が考えても春になったと思うのだが、2020年春(予定)とアナウンスされていたlivedoorブログのhttps化は公開されない。画像に関するhttps化は行われたのだから、さぼっているわけではないようだが、他の事にばかり目がいくようで、肝心のブログ本体のhttps化が遅い。

こんな状態では、またFC2ブログへの引越し心が騒ぎだす。既に新居はできあがっており、現在の住まいよりは住み心地が良さそうだ。美しい共有テンプレートに巡り合わせたので、引越し気分満開である。

しかし、6000種類も有ると自慢のFC2ブログのテンプレートでは公式と共有が混在し、訳が判らない。まるで、現在の新型コロナのようで、ドコに悪が潜んでいるのか判ったものではない。プラグインに至っては更に悪い状況で、10年以上前に腕試し的に作り共有プラグインとして掲載した物が未だに存在しているようだ。作成者がどこに居るのか居ないのかも判らず、真面に動作するプラグインであるのか否かを検証される事も無いままに陳列ケースに並んでいるように見受ける。大外れであったとしても、苦情の申告先が無い。

反面、livedoorブログはテンプレートもプラグインもすべて御仕着せである。テンプレートは多少の弄りは出来るようだが、FC2ブログのようにマニュファクチャーではない。とはいうものの、livedoorブログを選んだユーザーがテンプレートにあれこれと凝るとは思えない。livedoorブログは御仕着せ満足派の御用達。

そうこうしている間に、新型コロナ騒動で遅れていたWebブラウザの更新が始まる(過去記事:ChromeのUpdate再開)。この記事を書き終えた頃にはhttps化されたlivedoorブログが公開されるのかも知れない。
関連過去記事:Win10、v2004情報 / Microsoft Edge情報 /
RSS登録サイト整理

しかし、livedoorブログで自分のブログ内を検索した場合の遅さ・重さ・トロさはどうしようもない。
酷い場合は、散々時間を掛けた後に、明らかに有るキーワードが無いとされる。
これはlivedoorブログの大いなる欠点である。

布マスクを配布だって

安部草履が政府の対策本部で、全国の1つの住所あたり、2枚の布マスクを配布する方針を示したとの事。
1住所あたり2枚の布マスクを配布の方針 安倍首相 | NHKニュース(20/04/01)
官房長官は1億枚がどうしたとかアナウンスしていた。しかし、草履の発言では「布マスク」になったということは、「使い捨てマスク」は中国から、入荷しない・できない・させない、のだろうか。
日本国内でも色違いの会社がマスク製造を始めたということだから、中国の世話にはなっていないというフリを日本政府がしているということだろうから、一般市場に出回るのはいつになるのだろう。
厚生労働大臣の加藤勝信と、内閣府特命担当大臣(経済財政政策)新型コロナ対策担当 の西村康稔の言う事は、安部草履以上に信用しない。
まあ、小姑的な事はさておき、当分はマスクが入手できないかも知れない事も視野にして、ありかだく頂戴しよう。四月バカは無しだせ。改めて過去記事をピックアップ「布マスクの洗い方

metichannel(経済産業省) YouTubeより

過去記事:マスクを買い求める人 / マスクの予防効果:学 / 鼻がすぐ通るヨガ:学 / 日本政府の醜態に思う
 / 「うがい」の奨め

04/01、衣替え:学

今日04/01は衣替え(衣更え、更衣とも表記)
衣替えの習慣は平安時代の宮中で、中国の風習に倣って旧暦の4月1日および10月1日に夏服と冬服を着替えると定めた事に始まる。冬の間に防寒として着物に詰めた綿を旧暦4月1日に抜いていたことから綿抜(わたぬき)とも呼ぶ。「四月一日(四月朔日)」と書いて「わたぬき」と読む姓も存在する。
今年の旧暦4月1日はグレゴリー暦では4月23日、旧暦10月1日はG暦で11月15日也。
現代の日本では、多くの地域でグレゴリー暦の毎年6月1日と10月1日に衣替えが行われ、学校では強制的に制服を替える場合が多い。クール・ビズが始まった頃には、環境省は6月1日から同年の9月30日と想定していた。しかし、2011年には電力不足を考慮して5月1日より実施されるようになり、2012年からは「スーパークールビズ」となっている....のだが、
クールビズの期間設定廃止 ノーネクタイ、自分で判断―環境省:時事ドットコム
環境省は、例年5月から9月までとしていた「クールビズ」の期間設定を廃止し、各自が気温に応じた服装をするよう呼び掛けた。期間設定の廃止はクールビズ商戦を展開してきた百貨店など民間事業者や、啓発に取り組んでいる自治体への影響が大きいことから、2021来年4月からとする。

今日04/01はエイプリルフール、日本語では直訳で「四月馬鹿」。
世界中で新聞が嘘の内容のニュース記事を掲載したり、報道番組でジョークニュースを報道したりといったことが広く行われ、ウェブサイトではジョークコンテンツを公開するといったことも行われていたが、今年のGoogleは エイプリルフールを行わないとアナウンスした。
日本人の端っくれの俺としては、安部草履の常日頃からの大ウソに呆れて、今年の04/01は大人しくする。新型コロナだけでも十分だが、以前より噂に高い東南海地震や富士山大噴火はあるのだろうか。
富士山「大規模噴火なら3時間で首都機能マヒ」国の検討会 | NHKニュース(03/31)
あったとしても、新型コロナと同様に日本国政府の差し手は後手に回るばかりだ。マスク・人工呼吸器・エルモ、みんな手配していると政府はアナウンスするが何一つとして実現している事はない。
WikiPedia:2020年の日本

日本政府の信頼度はSNSより下 個人情報保護、医療が首位-共同通信社
個人情報を守る組織としての日本政府の信頼度は会員制交流サイト(SNS)以下
今日は曇天なれど、近所の公園でサクラが満開
200401 200401

03/31、緊急パッチ

03/28過去記事、「ネットワーク接続問題」の『Windows 10に、ネットワーク接続に関連した問題』に関する解決策として、定例外の更新プログラムがMicrosoft Update Catalog」で03/31提供された。
本件は、4月初めまでに更新プログラム公開予定としていたが、前倒しで公開されたということ。
Windows 10 v1909及びv1903は「KB4554364」。「Microsoft Update Catalog」で「KB4554364」を検索し、自分のパソコンOSに適合する物をダウンロードしインストールする。本件は「Microsoft Update Catalog」でのみ提供され、自動Updateまたはオプション更新では降臨しないとの事。前記サイト記事によれば『この問題で困っていない場合はわざわざ適用する必要はない。2020年4月度の月例WindowsUpdateに本修正が含まれる 』とのことなので、俺的には本件緊急パッチの適用は見送ることにした。しかし、リモートワークをしている場合は適用した方が良いのだろう。大変だね~
ネットワークに接続/切断したさいに一部のアプリでインターネット接続が行なえなくなるとのこと。
先週のサイバー事件簿 - Windows 7を狙ったゼロデイ攻撃発生中 | マイナビニュース(20/03/31)
-【追記20/04/01】-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
03/11公開のFirefox v74.0 (64 ビット)が10日ほど前からSync接続が切断する出来事が発生していた。
Mozilla、「Firefox 74」のTLS 1.0/1.1廃止を一時撤回 ~新型コロナウイルスの影響で - 窓の杜(03/23)
本日AMにも発生したので、無関係とは思うが11:40、「KB4554364」を適用する。
20200401120708
再起動を含め、自動更新の所要時間は10分程度。
これにより、Windows 10のv1909 OSビルド 18363.752⇒18363.753也。
03/1103/1303/25に続き、実質3月4度目の更新である。※02/12(02/1702/2803/07)
次の定例バッチは、04/15、05/13、06/19。途中でWindows 10 v2004に成る予定。

Internet Explorer 11およびEdgeHTMLベースのMicrosoft Edgeは、米2020/09/08公開版でTLS 1.0/1.1のサポート廃止を予定。 尚、ChromiumベースのMicrosoft Edge(Chromium Edge)は2020年7月公開予定のv84で既定でTLS 1.0/1.1を無効化する予定。

日本人の姓+名

過日「ローマ字での名前表記」で、日本人の名前をローマ字で書く場合、国の公文書では姓→名の順にすると日本国政府が決めたとの事に触れた。2019年9月6日に記者会見で明らかにし、2019年11月の通達により、姓を最初にする形式を1月1日から全省庁で採用することにし、外国メディアに要請したとの外務省広報である。だが判断については外国メディア各社に委ねると広報は説明している。
外務省の要請としては、日本の首相の名を「アベ・シンゾウ」と表記するはずだが、ほとんどの外国メディアは変更されていないとの事だ。また、日本の報道機関や日本人は「姓+名」としてアルファベット大文字で書きたがるが、NGとの事。
「名字をアルファベット表記する際はすべて大文字にする」というルールは英語圏では通用せず、そのせいで実名と判断されずアカウントがブロックされた例が発生 | スラド
Quoraによると、日本では「氏名を英語で表記する際に名字をすべて大文字で入力する」という通説があるが、これは英語圏では通用せず、そのため英語版サービスのモデレータがこれを不適切だと判断してアカウントをブロックするという事態になったそうだ。
去る2月13日は「名字の日」との事。
1875年(M08)2月13日に、明治政府が平民苗字必称義務令という太政官布告を出し、すべての国民にを名乗ることを義務づけたことに由来し、「苗字制定記念日」とも。
NHKが「ネーミングバラエティー 日本人のおなまえっ!」なんて番組を賑々しく騒々しく放送している。
苗字とは、昔からあった人達と、前記の必称義務令で付けた人達が居るのであろう。
最近の日本人は「姓(苗字)+名」にて人間を識別している。
由緒正しい源氏の血筋とする安倍晋三氏は、安倍(家)の晋三ということだ。
安倍ばかりの村落では、安倍と言っても通じないから「村外れ」の晋三とか、「一本松」の晋三とかの副識別を付ける。
しかし、安倍ばかりの村落を脱出した途端に「あべ」の漢字に拘る。別に「安倍」だろうが「安部」「阿部」「阿倍」etc.だろうが、通じれば良かろうと下層国民としては思うのだが...そうは行かないらしい。電話などで自己紹介する際に「こざとへん」とかを執拗に言うのを聞くと、何でもよかろうと思う。

現在の家紋の数は2万5000以上! 意外と知らない家紋と名字の真実|AERA dot
家制度の時代に、家族の一員としての自分であれば姓(苗字)に拘る姿勢は多いに理解するが、現代のように「家制度」が無い時代に姓に拘ったところでどうという事は無いだろう。最近のキラキラネームと同様に、自分で勝手に名乗っても問題はあるまい。(過去記事:読めない字が増える)
「ポツンと〇件家」とかの訪問ものテレビで「〇〇家」とか呼ぶが、家(け)と呼ぶほどのものか
高校を卒業して以来、退職まで勤めた会社では「氏名コード」なる物を付与された。
社内版のマイナンバーのような物で、「姓(苗字)+名」で識別するよりも全てが「氏名コード」で用が足りた....と言うよりも、名前なんて物には大した存在意義は無かった。
そんなことから、ボケ始まった今になっても未だに「氏名コード」の長ったらしい数字の羅列だけは空暗記している。なんなら、戒名として墓に刻んでもらっても文句は無い。
「姓(苗字)+名」であれば広い世の中に同姓同名が居るかもしれないが、同じ「氏名コード」は無いだろう....それにしても、俺のネットネーム「呑兵衛あな」はいないだろうと思っていたら、居るんだね~

わかる歴史【古墳時代】苗字と氏姓制度
]
 

芸能人も悪くは無い

安倍政権は百歳人生とやらの空念仏で善人を躍らせて、70歳にならないと国民年金の受給をしない(?)とか言う。とは言うものの、人生のライフラインを考えてきた人たちの中には、春を迎える今日に退職する人も多いだろう。そんな人たちの心情的には、嬉しいような、寂しいようなと複雑なのかしらんと推測する。
2012年に63歳で退職した俺は、退職祝いとやらをしてくれるという周囲の厚意を固辞し、最後の勤務日にこれだけは断りきれなかった昼食会で祝ってもらった後、逃げるようにして東京駅に駆け込み金沢に向かう電車に飛び乗った。

俺のように「退職祝いは不要派」もいれば、「退職後も昔の職場・人間関係が忘れられない」人もいる。
ひと昔であれば社葬になるような仕事人間もいた。歌舞伎役者や落語家は舞台の上で死ねれば本望と聞くが、死ぬ直前まで自分が一生やってきた事を続けられることは、認知症になって俳諧するよりは良いかもしれない。その辺の議論は差し置いても、退職に際して何かのイベントをするのは想い出になるかもしれない。しかし、年功序列とか上下関係とかを排除する傾向にある現代のサラリーマン世界では、そんなイベントをしてやろうという心情はあるのだろうか。万歳三唱して花束を渡して、ハイさようならでは。

その点、芸能界の方が上下関係・先輩後輩といった信義を重んじているように見える。
最近では家族葬が増えたようだが、後日に「御別れの会」などが催されている。

昭和も40年頃までは、芸能人になるという願望を持つことは勘当ものであった。それでも勘当覚悟で親元を去った人たちの中から名を上げた人たちがいた。そんな人たちは世話になった先輩を敬ったのだろう。
そんな上下関係が歴然としている世界であれば、引退とか葬儀とかの人生の節目にはイベントを企画してくれる後輩がいるというものだろう。
とは言うものの、サラリーマン世界にも昔は歴然とした上下関係があった。今では先輩のキャリア的な知恵はGoogle検索すれば調べられるのだから上下関係なんて鬱陶しいだけの人間関係は求めないだろう。
同様に、家制度の時代には嫌な姑に頭を下げてでも教わらなければならなかった嫁の立場は無用である。介護とか葬式とかの鬱陶しい人生のイベントは避けて通れば済むことである...として育ってきた多くの団塊世代の女性たちが、余後を心配しているらしい。君たちに退職祝いは無いだろう..たぶん。

昔の芸能人は一芸に秀でる必要があったが、今どきは何だってかまわない。
最近では、何で...と思うような、殊更の芸も無く、歌も演技も下手な者たちが芸能人として生活ができる。昔であれば他人の前には出られないような面相の男女が整形手術と化粧の賜物で芸能界で仕事ができている。なにかと言えば「すっぴんなのに美人」とか、「美足を披露」とかの話題が乱れ飛ぶが、当然のことであろうと言えば叱られるのだろうか。

最近のNHKは、三流芸能人だろうが何だろうが見境なく使っている。昔はギャラが安くとも全国的に顔が売れる等の見返りがあったらしいが、今どきはNHKではなくとも見返りに遜色は無いだろう。そんなNHKに出たいという芸能人の心情を知る由もないが、本当に優秀な芸能人は面白くないだろう。
昔であれば、NHKに出る芸能人は役者でも芸人でも、昔の東大の卒業生のように優秀である事に決まっていたのだが...最近「御別れの会」をして貰える人達は、後輩に慕われた優秀な先輩であったのだろう。
女性タレントの「〇ッキー」とか、ジャニの「中〇」とか、未だに引っ張り出されてチヤホヤしているが、あの程度の芸人であれば掃いて捨てるほどにいるだろうと思うが...世話になった輩は律義也。
昔は「守るべき家族・組織」が有った。その為に爺・婆や長老・先輩は大事にされた。今では年寄りの知恵や経験は不要である。しかし、未だに芸能界では大事にする風習があるようだ。使う側と使われる側が順次シーソーで先輩になり後輩になりして互いに育てあいをしている。あれなら先輩は威張れる。
結論・・・・退職祝いをして貰えず、家族葬で旅立つ者は淋しがらない事。俺は直葬で満足できる。

ティッシュ配りの街角

一般的には年度末と呼ばれるが、明日は令和元年度の最終日也。2020年も早いもので、今日で90日経つ。
行政組織や、事業年度の末日としている企業が年度末として締めにバタつくのは分かるが、テレビ局の番組編成を変えるという景色が不思議である。まあ、カラスの勝手だから何でも御自由にということなのだが、番組編成変えに伴い人事異動があるということでイチイチ「お世話に成りました」との事で挨拶をしたがる。赤の他人のマスコミのアナウンサーや芸能人が失せようがどうなろうが知った事ではない。
殊更、国営放送ではないと自己弁護するNHK様では、貴重な電波を使って御挨拶が忙しい。

巷のサラリーマンでも年度末を退職日としている企業が多く、公務員を含めて退職の挨拶をしているのだろうか。半世紀ほど以前であれば成大に慰労会が開催され、花束を抱えてハイヤーで送られた。
年功序列制度が無くなった今ではそんな慰労・送別の会は無いのだろう。お偉いさんは有るだろうがね。
新型コロナが蔓延っている今では、慰労会の風潮が残っている組織・企業でも行わないのだろうか。
まあ、死ぬの生きるのとの騒ぎになるよりはマシというものだ。退職の酒をせびってもしょうがない。

仕事人時代に、鳥インフルエンザで死亡云々事件に日本中が震撼したことがあった。
記憶の悪い俺的には何時頃だったのか忘れた。WikiPediaの鳥インフルエンザで眺めると、頻繁に発生しているようだ。このブログでも2014年に書いている。それによれば、前述の震撼したのは2010年頃との事。

当時の繁華街ではティッシュ配りが多かった。
今にして思えば、ティッシュを受け取るにしても2メートルの間隔を取らなければ飛沫感染するという事だ。しかし、当時はそんなに大騒ぎはしていなかったように記憶する。日本でもマスコミが騒いだのだが、人間が死んだという事は記憶に無い。しかし、市販のティッシュを買い求める人たちは多く、売れきれた店舗も少なくなかったらしい。しかし、店頭の品切れとは別の現象として「ティッシュ配り」を追いかける人は多かった。更には、街角で1個づつ配っているティッシュ配りの脇に置いてあるティッシュが入ったダンボール箱を箱ごと失敬するという不届き者が多かった。
銀行ATMの脇に置いてあるティッシュも狙い物だったそうだ。
今期の新型コロナ感染防止用のマスクとか、何故かのトイレットペーパー買い溜めをしたがる人達も、過年のティッシュ掠め取りの人達と同じような性根なのだろうか。

地方都市とは言えども、JR金沢駅付近の人混みであればティッシュ配りもいるのかも知れない。しかし、当地野々市市内ではティッシュ配りは見かけない。銀行ATMにも無く、年賀葉書を買った際に郵便局の窓口で差し出された経験しかない。
新型コロナの買い溜めでも、トイレットペーパーは先週から店頭に並んでいる。見たことの無い包装品ではあるが、実用の面では不自由は無かろう。マスクも偶にではあるがぼちぼちと並びはじめている。
新宿辺りのベテランのティッシュ配りは、その気の無い通行人にですらティッシュを受け取らせるような技を持っているのだそうだ。確かにその身振りは鮮やかなものである。
最後に新宿の街歩きしてから彼是10年近い。偶には人混みに出かけたいと思わなくもないが....
不要不急の爺が人混みに行くと石を投げられるやも知れない。後10日ほど先の定期通院まて大人しく。

罪を償え安倍草履

月別アーカイブ
Photogallery -最新6枚
  • 布マスクを配布だって
  • 日本人の姓+名
  • 日本人の姓+名
  • 芸能人も悪くは無い
  • ティッシュ配りの街角
  • 画像の倉庫-試験
instagram

コメント感謝 -最新12件
ブログ内 検索

タグ絞り込み検索
禁煙始め

今日は何の日?

2020年の日本
2020年
旧暦カレンダー
便利コム
気象情報-livedoor石川県

 遊びに行こう


掲示板
プロフィール+つぶやき
名言黒板
ブログランキング
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
更新情報RSS
follow us in feedly   無無無庵RSS
I use Windows10 & Firefox
Display 1366×768 に最適化
・・ リンクフリー ・・
ブログ始めて

現在の閲覧者数:
KEIROMICHI