無無無庵

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く
団塊世代のセカンド・ステージ - 退職親父のボケ封じ

後期高齢者の医療費:学

2017/08から、介護の自己負担額の上限と共に高齢者の医療費の自己負担額がアップした。

年収370万円未満で1ヶ月の通院の医療費の上限が12,000円⇒14,000円に、入院を含めた世帯全体の医療費の上限は1ヶ月44.400円⇒57,600円になった。


Rx-Channel Konicaminolta YouTubeより
3 高齢者の健康・福祉|平成28年版高齢社会白書 - 内閣府
高齢者医療制度 |厚生労働省
後期高齢者医療制度について|厚生労働省
WikiPedia:後期高齢者医療制度

-【こんな推測もあながち】-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

84才、一人暮らし。ああ、快適なり<第3回 自由って何だろう> | 介護ポストセブン

続きを読む

電話リレーサービス:学

日本財団:聴覚障害者向け電話リレーサービスをインフラに - 毎日新聞
電話リレーサービスとは、電話をかけたい聴覚障害者が、テレビ電話を通して手話や文字で相手先や通話内容をオペレーターに伝え、オペレーターが同時通訳するシステム。

解説編(S):日本財団電話リレーサービスPRビデオ

日本財団電話リレーサービス・モデルプロジェクト YouTubeより

電話リレーサービスイメージ動画1(弁当注文編)

公益社団法人鳥取県聴覚障害者協会 YouTubeより

関連過去記事:メニューは少なくとも
続きを読む

足底筋膜炎:学

足の裏が突っ張るような感じの事があった。 ネット検索してみると、「NHK ガッテン!」で取り上げた事に類似。
足裏チェック!疲れと痛みの真犯人はカカトだ - (2015年9月30日)NHK ガッテン!

「足底筋膜炎」という病名がついている。
WikiPedia:足底筋膜炎より抜粋引用
足底筋膜炎(そくていきんまくえん)または足底腱膜炎(そくていけんまくえん)とは、足の指の付け根からかかとまで、足の裏に膜のように張っている腱組織・足底筋膜(足底腱膜とも。以降、足底筋膜に表記統一する)に炎症が起き、小さな断裂を起こして痛みをもたらす病気。
とのことで、加齢(40歳代以降)とともに起こってくるとのことだ。なお、
40歳以前の人、かかとの骨より前の部分が痛む人、朝より夕方に痛む人、歩くほど痛みの強くなる人は、別の病気の可能性がある。
とのこと。※関連過去記事:脊柱管狭窄症:学 / 薬の飲み合わせ:学 / 足を見て肝臓病を知る / 骨祖鬆症になった事 / 女を磨く足底筋膜炎痛む場所

土井治療院 YouTubeより
横浜で鍼灸といえばオリンピック入賞選手や世界選手権金メダリストも通う土井治療院へ|都筑区
続きを読む

メニューは少なくとも

大都市に限らず、地方都市に住む場合はコンビニの遠近・多少が判断基準になる世の中になった。
都会であればコンビニでなくとも、少々足を伸ばせばスーパーマーケットデパートで買い物ができる。
地方都市でも、自家用車であればスーパーマーケットを利用することができる。
とは言うものの自家用車が無ければ、いずれででも買い物ができない地域が多くなってきた。
昔ならば近所に在った豆腐屋・八百屋・魚屋等と専門に扱う小さな店屋(小売)が消え、それらを寄せ集めたコンビニ等が増えたせいだろう。電気屋に至っては、地方都市で昔の看板を見かける程度なのではないだろうか。

俺が育った秋田の(大字)田舎村では「帳場(ちょうば)」と呼ばれた“何でも屋”があった。米・酒・塩・醤油・砂糖といった専売的な物を販売していた時代から続いてきた店が、取扱い商品を増やした結果の店舗の形態なのだろう。
野菜や魚といった普段使いの食料品は勿論、嗜好品など等を扱っており、不足な品物は頼んでおけば取り寄せて貰えた。電話の取次もしてくれ、田舎の子供であった俺にとっては世界の窓口のような所だった。
帳場に比べたら、コンビニは何でも揃った素晴らしい店である。

そんなコンビニは、一般人へも店舗経営のイロハを指導してくれるということで、資産運用の為に開店する退職者も多いと聞く。 その為なのか、地方都市等では小売店からコンビニに鞍替えするケースも多いとのことだ。
しかし、コンビニを新規開店するからには儲けなければならない。ということは、熊さんとイノシシしかいない場所ではダメらしい。結果として、昔は山の中にあった帳場は閉められ、ソコソコでも人が住む場所にコンビニが開店する。

このことについて語れば長すぎるので割愛するが.....行商(行商専用列車)、物売り

過疎地に限らず都会においても、コンビニを新規開店するばかりではなく、自家用車の無い年寄りが買い物できる環境が欲しい。東京でも半世紀ほど前までは千葉などから大きな荷物を背負ったオバちゃん(カツギ屋)が各家庭を回っては野菜や魚を売っていた。豆腐を売る自転車が通っていた。東京村は、心が通い合う住み良い所だった。

 移動販売が流行ることを期待したい。取扱いメニューは少なくとも次回に持ってきてと頼めば済むことだ。
関連過去記事:これ美味いかな / 退職親父はガテン / 弁当宅配サービス利用記 / 宅配サービスを探す
まごころ弁当 CM 30秒バージョン

弁当まごころ YouTubeより

消えた某ブログ

徘徊先のブログが消えた。
執筆者は80歳を過ぎたとか言っていたが、憎ったれ口調から察するには閻魔様が御免こうむるタイプと見た。
熊本に在住だが、秋田で報道関係に従事していたとのことで、切れのある口調が愉快で立ち寄らせてもらっていた。俺が知る以前から神出鬼没らしく、ブログを始めたり止めたりの癖がある模様なり。
殆ど日々更新しているブログであったが、今回はアクセスできなくなってから大分期間が経つので、さてURLごと引っ越ししたのかしらん(?)と思っていたところ、先程からアクセス可能となりヤレヤレである。
挨拶コメントしたところ「操作ミスでブログを削除してしまった」との事。レンタル会社に復活してもらったそうだ。
気が向けばまたドロロンかも知れないが、それまではまた遊びに寄らせて頂こう。

俺が徘徊するブログの執筆者はシニア層が多い。中には気紛れに始めるブログも多く、開設したばかりの頃には気合が入っているのだが半年くらいでネタ切れし、居なくなるケースも少なくない。
ブログを止めるとか、一時休憩とかについて、周知の断り看板を出す人もいれば、突然いなくなる人、様々だ。

俺がこのlivedoorブログを始めてから約4年が経つが、ブログ書きを止めた人が少なくない。
前記の出来事をきっかけに、そんな所在不明となった昔のブログ達へのリンクとRSSを外すことにした。

過去記事:消えたお気に入りブログ / 最新ウィルス騒動に思う / レンタルブログ選びは? / ブログランキングに迷った / 徘徊ブログ選びに思う / ブログ vs 掲示板 / 「ブログの書き方」考 / ブログ徘徊を楽しむ
 / 残されるホームページは(?) / 執筆者不在のブログ / 「ト坊」を訪ねて

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
かく言う俺は、これまでのブログ記事はいわゆる愚痴が多い。いつまでも愚痴ばかりではネタ不足になる。
やはり何かの趣味について能書きを書きたいものだ。とは言うものの元来が無趣味の俺は趣味から探さなければなるまい。 ということで、逆引きとはなるがブログランキングの中から趣味探ししてみよう。

関連過去記事:無趣味解消を目指し(2) / 無趣味解消を目指そう / 凧作りの想い出

「終戦の日」と呼ぶが

08/15は、太平洋戦争に負けた事を時の天皇が大日本帝国の臣民に向けて玉音放送した日である。
最近の日本では「終戦の日」と呼ぶ。それだけの事なのだが、昨夜のNHKスペシャルで「08/15以後にソ連が侵攻してきた」事が悪事でもあるかのごとく報じられていた。あんな番組が無ければ、今更こんなことを書きたくないが。

1945/08/14に日本は「連合国に対しポツダム宣言の受諾を通告」し、翌日その事実を国内向けに発表しただけの事だ。国際的には「大日本帝国政府がポツダム宣言の履行等を定めた降伏文書(休戦協定)に調印した1945/09/02が大日本帝国の敗北を認めた日と考えるのが常識的(中華民国やソ連は翌09/03)である。WikiPedia:対日戦勝記念日
それにも関わらず、玉音放送のあった1945/08/15以降に侵攻したソ連を悪者扱いするのは筋違いである。

日本人は歴史の解釈を変えてでも、自分の行為を正当化する傾向があるのだろう。
俺も日本人の一人としてその傾向は大いに理解するが、これからの歴史教科書の中では「清く正しい日本人は、日ソ中立条約や国際法を守らなかったソ連にいじめられた」として扱われるべきではないと考える。

1945/08/15以降に戦闘が集結できず、大日本帝国側からの攻撃や敵国側からの攻撃が行われた事は、大日本帝国の終戦措置のまずさが原因と考える。終戦に先立ち国体を考慮した緑十字機の飛行等は何だったのだろう。
しかし、今上天皇は生前退位を望んでいるとのこと。安倍政権も国体は大事にはしていない。
いずれにしても、国際的には08/15に日本の敗北が認められたことではない。日本の身勝手な思い込み也。

今日 は日本国内では一般的に 「終戦記念日 」や 「終戦の日」 と称されるが、正式名称は「戦没者を追悼し平和を祈念する日」 として時の内閣が閣議決定で決めた日だ。国際的には、特別な意義は無い。
過去記事:終戦記念日雑感 / 100万回生きたねこ / 最後になるか?終戦の日 / 平和を理解しない総理は / もうじき戦争がはじまる? / 終戦の手段が無い日本 / 終戦の日に想う / “お気持”報道への思い
日本という国家と、その国家の行い・考えを容認している我々国民の成した結果である。
映画『この世界の片隅に』予告編

シネマトゥデイ YouTubeより

まちんと | こどもに読んであげたい絵本
 

まちんと (松谷みよ子作)

B型肝炎に感染してる?

福井県では、飲酒を誘因としない脂肪肝から発症する「非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)」予防について啓発しているようだ。
増える非飲酒者の脂肪肝、注意を 自覚症状なし、生活習慣改善必要 | 福井新聞ONLINE
それはそれとして必要な啓蒙であろうが、「B型肝炎と言えば、酒の飲み過ぎが原因」という発想ばかりでは無い。

昭和16年7月2日から昭和63年1月27日までに生れたB型肝炎患者『予防接種の注射器使い回し』により感染している可能性があり、その患者については『特定B型肝炎ウイルス感染者給付金』の対象となる。

国内のB型肝炎(ウイルス肝炎)の持続感染者は110~140万人存在すると推計され、集団予防接種などの際に注射器(注射針または注射筒)が連続使用されたことが原因で持続感染した方は45万人もいるとされるとの事也。
 身に覚えのある場合は、以下のサイトを熟読。
予防接種の注射器使い回しはいつまで行われていた?
特定B型肝炎ウイルス感染者給付金の対象者は以下のようになります。
①昭和16年7月2日から昭和63年1月27日までに生れた方
②満7歳になるまでに集団予防接種を受けている方
③B型肝炎ウイルスに持続感染している方

【参考】
昭和63年1月に国は「予防接種等の接種器具の取扱いについて」(昭和63年1月27日健医結発第6号、健医感発第3号厚生省保健医療局結核難病感染症課長・感染症対策室長通知)によって「予防接種及びツベルクリン反応検査について、注射針及び注射筒を被接種者ごとに取り換えること」を自治体に通知して指導しました。

B型肝炎訴訟について(救済対象の方に給付金をお支払いします) |厚生労働省
安倍内閣の総辞職を熱望

月別アーカイブ
Photogallery -最新6枚
  • 後期高齢者の医療費:学
  • 後期高齢者の医療費:学
  • 電話リレーサービス:学
  • 電話リレーサービス:学
  • 足底筋膜炎:学
  • 足底筋膜炎:学
instagram

コメント感謝 -最新12件
ブログ内 検索

禁煙開始から

今日は何の日?

旧暦カレンダー
日めくり暦
こよみのページ
気象情報-livedoor石川県

掲示板の最新5件

掲示板

 遊びに行こう


つぶやき
名言黒板


QRcode QRcode(2)
Make it cman

1日1回クリック
クリックで救える命がある。
更新情報RSS
follow us in feedly   無無無庵RSS
・・ IPアドレス検索 ・・
aWebAnalysis.com

プロフィール
I use Windows10 & Firefox
Display 1366×768 に最適化
・・・・ リンクフリー ・・・・

  • ライブドアブログ