無無無庵

(むさんごあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く
トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

ネット上の行動は筒抜

以前より、FC2ブログBloggerなどにコメントを書き込む際に、なにやら円状の矢印マークが出現し「私はロボットではありません」的なチェックが表示されるのを怪訝に思っていた..というより、使いたかった。表示されるマークを読むと「reCAPTCHA」なる物である事が知れる。
WikiPedia:reCAPTCHAより抜粋引用
reCAPTCHA(リキャプチャ)とは、ウェブサイトの制限エリアへのアクセスを試みるボットからサイトを防御するためCAPTCHAを利用するのと同時に、そのCAPTCHAに対する返答を紙の本のデジタル化に活かすシステムである。
20191005143118 20191005143116
設置方法の解説も散見するが、いずれにしても「サーバー側に実装」する必要があり、レンタルブログでは設置できないだろうと考えていた。
しかし、昨日「定年退職後の暇人 ぬか喜び(Pay Pay)」にコメントした際に当該物を発見し設置方法を質問したところ「私が返コメを書くときには出てきません。ですのでどんなものかもわかりません。」との事である...これを聞いてガッテンした。俺が、俺のFC2ブログに試験コメントしても出ないのだから知るはずがないのだ。他所のFC2ブログでコメントする際でなければ起こらない出来事なのだ。

「reCAPTCHA」を設置する際に「サーバー側に実装」するのは利用者のメールアドレスである。ブログをレンタルする際に申請したメールアドレスを所持する者(当該管理人)をFC2ブログが勝手に利用して「reCAPTCHA」を設置しているという事であろう...という推測を立て、俳諧先のFC2ブログで試したところすべての物で「reCAPTCHA」の矢印マークが出現することが判った。要するに、ブログを借りた当人(管理人)がアクセスしコメントする場合は、それを認識してreCAPTCHAは作動しないのだ。
という事は、「FC2は、借りた者のメルアドを利用してreCAPTCHAを稼働させ、Googleに提供している」という邪推ができなくもない。
「reCAPTCHA」等のCAPTCHAシステムは、ボットによるシステムへの自動アクセスを防止する為に考案された認証システムである。したがって、善なのだが、裏読みすれば「コメントをした第三者がネット上で行った行動や、どんな記事にコメントしたか、etc.」といったネタを収集できる。
そんな事は現在では珍しくもない出来事であり、俺的には進んで設置する事を望んでいたのだから気に掛けるものではないが、ブログをレンタルしたが為に、借りた側が知らない内にFC2に役立っているのかと思うと些か穏やかではない。
gooブログやFC2ブログ等で「コメント書き込み時にパスワード入力を求める」所作と、本件の様に貸す側が借りた側を認識できるような仕掛けとは大違いである。
とはいうものの、最近のブログでは類似するCAPTCHAシステムで、借りた側が知らない内にデータ収集されているのだろう。また、読んだ事は無いが、利用規約に掛かれているかも知れない。
はてなブログでも、「はてなユーザーはreCAPTCHAマークが出ない」が、ユーザーでないと出る。

ジャックと豆の木:学

以前録画していた『ジャックと天空の巨人』を見つけて視聴した。
子供の頃に読んだ「ジャックと豆の木」とは随分と違う内容であったが、むしろ面白い。
WikiPediaの「ジャックと豆の木」を眺めると元々はイギリスの童話。もっとも有名な物としてジョゼフ・ジェイコブスが1890年に編んだ43編の民話集(イングランド民話集)に記述された一篇「Jack and the Beanstalk」であるとのこと也。
となれば、『ジャックと天空の巨人』vs『ジャックと豆の木』が違っても当然とも思える。
改めて「ジャックと豆の木」を読み直してみることにした。




ジャックと天空の巨人(吹き替え) (予告編)

warnervodjapan YouTubeより

10/04、Win10 更新

10/04、.Windows 10 v1903の臨時更新あり。累積アップデート。(KB4524147)
20191004080510

再起動有りを含め、更新の所要時間は数分
これにより、Windows 10のv1903 OSビルド 18362.387⇒18362.388也。

09/11、Windows 10 v1903の定例更新」により生じた印刷事件解消の模様
印刷ジョブが失敗する可能性のある、印刷スプーラーサービスの断続的な問題を更新

FC2用に設置プラグイン

2019/10/04時点のCSSHTML保存。及び利用しているプラグイン関連記事TOP
タグクラウドとサーチ
サイト外タグ検索
検索BOX・タグ一覧

Calendar 1.1
ノーマルカレンダー

★Select Template Paroday [paro2day]  [ご利用にあたって]
■ダウンロード済みテンプレートを追加・変更する際は
<option value="0テンプレート名">テンプレート名</option>
の形式で追加・変更します。
valueの最初に「0」を入れ、その後にテンプレート名を入れます。
(例)テンプレート名『spring』
<option value="0spring">spring</option>
■option要素内のテキストはテンプレートの名前以外も使用できます
<option value="0spring">春</option>

ct_responsive3c:改録

livedoorブログ⇒FC2ブログ引越しに向けてテンプレートを物色し、共有TPの中で aki [sorauta1] 氏作成の「ct_responsive3c」(更新日:19/09/10)、「暗色CSS(3カラム用) 2019/09/29 css更新」を設置した。その後の改造記録まとめ。過去記事との重複記載有り。
関連過去記事:morpheus_black更新 / FC2ブログ、TP更新記録 / ct_responsive3c黒助
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
使用するレスポンシブ対応テンプレートはct_responsive3c。作者 aki [sorauta1] 氏サイト*Essenceの解説記事の通りに実施。
  1. 着せ替え nightscapeにより『ct_responsive』暗色CSS(3カラム用)を適用
  2. 記事毎の要約表示を全文表示に変更する方法
  3. プラグイン3をお知らせ用に表示する・管理人コメントを装飾
  4. [必読]レスポンシブテンプレートの使い方(設定) ※殆ど設定済
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
<< CSS >>
1.フォントサイズ変更
font-size:80%; /* フォントサイズは1em(16px)の80% */
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
font-size:100%; /* フォントサイズは1em(16px)の80% */
font-family:"メイリオ",Meiryo,"ヒラギノ角ゴ Pro W3","Hiragino Kaku Gothic Pro",Osaka,"MS Pゴシック","MS PGothic",Verdana,sans-serif;
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
font-family: "メイリオ", Meiryo, "游ゴシック", "Yu Gothic", "Osaka","Hiragino Kaku Gothic Pro", "Hiragino Kaku Gothic ProN","ヒラギノ角ゴ Pro W3","MS Pゴシック","UDデジタル教科書体","Yu Gothic UI",Verdana, sans-serif;
<< HTML >>
1.「メールアトレス入力欄」を除去
<label for="name">Subject:</label>
<input id="subject" type="text" name="comment[title]" value="No Subject" onblur="if (!this.value) this.value = defaultValue; this.style.backgroundColor='';" onfocus="if (this.value == defaultValue) this.value = ''; this.style.backgroundColor='#f7ffff';"><br>
<label for="mail">Mail:&nbsp;管理画面にのみ表示</label>
<input id="mail" type="text" name="comment[mail]" value="<%cookie_mail>" onblur="this.style.backgroundColor='';" onfocus="this.style.backgroundColor='#f7ffff';"><br>

2.「記事編集」ボタンを付ける
<!--allow_tb-->
<div class="tb_counts"><a href="<%topentry_link>#tb">トラックバック(<%topentry_tb_num>)</a></div>
<a href="<%server_url>control.php?mode=editor&process=load&eno=<%topentry_no>" target="_blank" title="編集(管理用)">記事編集</a>
<!--/allow_tb-->  
2-1.>>コメントに返信ボタンを付ける

3.記事更新の日付部分『Last Modified』を日本語にする場合は、その部分の文字列を『最終更新日』と日本語で記述
<!-- 投稿時間不要の場合は ここから-->
<!--permanent_area-->&nbsp;<%topentry_hour>:<%topentry_minute><!--/permanent_area-->
<!-- 投稿時間不要の場合はここまでを削除 -->
<!--permanent_area--> <!--/permanent_area--> を外すと個別記事ページだけでなく、トップページにも投稿時間が表示される。
4.リストマークの表示 ※スタイルシート編集枠の一番下に以下を追加
/* リストマークを黒丸・数字表示 */
ul li{list-style-type:disc;}
ol li{list-style-type:decimal;}
ul, ol{padding-left:30px;}

nav ul{padding-left:15px;}
nav ul li{list-style-type:disc;}
nav ol{padding-left:15px;}
nav ol li{list-style-type:decimal;}
5.タグリストを付加
<!--tag_list--><p>TAG :<a href="<%url>?tag=<%topentry_tag_list_parsename>"><%topentry_tag_list_name></a></p><!--/tag_list-->
<!--topentry_tag--><p class="tag_lnk">tag : <%topentry_jointtag></p><!--/topentry_tag-->
<%topentry_jointtag>- 半角スペースで結合したタグリストを表示
以下の単変数は<!--tag_list-->~<!--/tag_list-->内で表示します。
<%topentry_tag_list_name>- 設定したタグリストのタグを表示
<%topentry_tag_list_parsename>- 設定したタグリストのURLエンコード化したタグを表示
<dev>TAG :<!--tag_list--><a href="<%url>?tag=<%topentry_tag_list_parsename>"><%topentry_tag_list_name></a> <!--/tag_list--></dev>
6.年月日&時間の表示を日本語にした
<%topentry_year>,<%topentry_month>,<%topentry_day>,<%topentry_hour>:<%topentry_minute>
※<%topentry_youbi>- 曜日(洋風)を表示 ⇒ <%topentry_wayoubi>- 曜日(和風)を表示

7.ブログタイトル部分に紹介文を足した
<h1 class="header_blog_name"><%blog_name></h1>
<span class="header_introduction"><%introduction>
<p>トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ</p></span>
以上を改造した2019/10/04時点のCSSHTML保存。及び利用しているプラグイン

過去記事:FC2ブログをスマホから? / FC2ブログをスマホに最適化する方法(レスポンシブ対応テンプレート) - FC2ブログ 公式ちゃんねる) / FC2ブログに引越し再考 / livedoor ⇒ FC2、試行 / FC2ブログで広告を撤廃 / https://の信頼度:考 / FC2の模様眺め作戦 / FC2に編集ボタンを設置 / FC2ブログのSSL化
【2019年2月修正追記】レスポンシブ CSSメディアクエリ(@media)ブレイクポイントまとめ

初耳「スミッシング」

フィッシング対策協議会
巧妙化する 「スミッシング」 詐欺 静岡県警、注意呼び掛け 2019/10/02 (静岡新聞)
「ショート・メッセージ・サービス (SMS) 」 を使って偽サイトに誘導

【追記:2019/10/05 16時頃】俺の携帯にも運輸会社を語るショートメールが届いた。
ろくに見もしないで削除してしまったが、もう少し内容を吟味してから消せばよかったと反省。
差出人の電話番号も消してしまった。
「ご確認下さい」的なURLは無かったように思う。URLにアクセスした際に、携帯電話に不正なアプリが導入され、この不正なアプリはスマホに届くSMSの内容を画面上に表示させずに盗む機能がある。

FC2の白い画面に思う

過日は、後1歩というところでlivedoor⇒FC2に移転するばかりだったが、中止した。

中止した理由は数点ある。
要は「慣れの問題」なのだが、1点だけはどうも馴染みきれない。
視力の悪い俺としては、自分のブログの背景は黒っぽくしている。Windowsパソコンの背景も黒であり、可能な限りのアプリケーションも黒の背景にしている。ガラケーや電子図書ですら背景は黒である。

ブルーライトを軽減する為もあるが、黒い背景に白っぽい文字の方が視認できるからだ。
公・個人を問わず他所のサイトを閲覧する場合でも、白背景に黒文字であれば閲覧を躊躇してしまう。
増してや、個人のブログなんぞで奇妙に影の薄い文字フォントで気取っている場合は即時に撤退する。

一昔前に「ホームペーシを作る」と称してサイト開設する事が流行った頃は、公のサイトだろうが、個人のサイトだろうが、白っぽい画面作りが一般的であった。なんとなく清潔感を抱かせるのだろうか。
片や、黒っぽい画面作りは嫌われていたかのように見える...というか、殆どマニアックであった

しかし最近では、マイクロソフトと言うか、Windows等ではダークモードが提供され始めている。ネット世界でも追随するようにダークモードが増えてきた。それでも、個人のサイトでは未だに拒否反応がある。
俺的には、ブログのテンプレートひとつを設定するのにも、無いセンスと知恵を引き釣り出さなければ気に入った物に辿り着かない。今回のlivedoor⇒FC2移転については運良く、テンプレート提供者の援護を受けて、手間を掛けずとも既成の物を使用することができた。しかし、「ブログのダークな背景」←→「FC2ブログの真っ白けな管理画面や書き込み画面」とを、行き来ししていると、眼に与える影響が半端では無い。
高速道路で「トンネルの闇」←→「明るい外」との出入りを反復しているがのごとし也。
とは言うものの、ユーザーが、FC2ブログの管理画面等をダークな背景に変えることができるはずが無い。

となれば、すべてのウェブサイトにダークテーマを適用できるWebブラウザのアドイン「Dark Reader」を使えば、どこのサイトであろうともダークな背景を見ることができる。
Chrome・Firefox・Safariを簡単に「ダークモード」にできる拡張機能「Dark Reader」を使ってみた - GIGAZINE
それならば、自分のブログを改造するとかで砂上の楼閣作りをするような労力を注がずとも良いな...と嬉しくなった...が、パソコンからのアクセスは解決しても、このアドインはスマホでは動かない。
色々なサイトの背景を変えるについて、個人が望んでも叶う事ではないが...せめてセピア程度に落として欲しいものだ。真っ白は嫌じゃ

また、リッチテキストエディター(ビジュアルエディターシンプルエディタ)を用いて文書を書いた場合で比較すると、FC2ブログはlivedoorブログよりも機能的に劣ると考えている。
なお、「Dark Reader」を稼働させてFC2ブログのエディターを使うと、かなり見易くはなる。
20191002120424

HTTPS対応の状況についてお知らせします|ライブドアブログ 公式ブログ(2019/10/01)
によれば「管理画面(http://livedoor.blogcms.jp/)は2019年10月末(予定)にHTTPS対応」するとの事。livedoorブログの記事書き込み用エディタはJavaScriptを適用している為、管理画面がHTTPS対応した時点でエディタに何らかの変更を加えなければならないと読んだ。
ということから、その時点でlivedoorブログorFC2ブログの再チョイスを行う事にする。

今回の試行錯誤で改めて知ったが「FC2ブログの利用者は、ひたすら文書を書くだけ」である理由は『エディタが低機能である為』であろう。別にlivedoorブログが優れている事は無いようだが、少なくとも『既存記事を修正する』場面ではかなり楽である。
関連過去記事:FC2ブログ、試用雑感 / ブラウザ&日本語入力 / https://の信頼度:考

livedoorブログは気合が入ってきたね~
安倍内閣の退陣を熱望

月別アーカイブ
instagram

コメント感謝 -最新12件
ブログ内 検索

タグ絞り込み検索
禁煙始め

今日は何の日?

2019年の日本
2019年
旧暦カレンダー
便利コム
気象情報-livedoor石川県

 遊びに行こう


掲示板

つぶやき
名言黒板
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

更新情報RSS
follow us in feedly   無無無庵RSS
プロフィール
I use Windows10 & Firefox
Display 1366×768 に最適化
・・ リンクフリー ・・
ブログ始めて
QRcode QRcode(2)
Make it cman
・ IPアドレス検索 ・
  • ライブドアブログ