無無無庵

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く
トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

待ち遠しいChrome72

予てよりの暇つぶし思案ネタである「メインWebブラウザのチョイス」を再考している。
これまで、WindowsパソコンとAndroidタブレット共にFirefoxを利用してきたが、昨年の暮れからタブレットではChromeに乗り換えた。Chromeよりもモタツキ感があったFirefoxだが、2017年に「Firefox Quantum」が公開された事でかなりスビートアップした。しかし、最近はまた遅れを取っているようだ。
同格であれば、少なくともAndroidタブレットでは同梱されたChromeを利用する方が容量の節約になる。
Windowsパソコンにしても、俺の環境だけかも知れないがFirefox v64.0(64ビット)では偶にモタツキ感の発生がある。また、sync接続が切れてしまう事が多い。解決策はあるのであろうが、それを探して工事を行いたいと思うほどにFirefoxに魅力を感じなくなっている。
関連記事: Firefoxのセッティング/ デバイスドライバ更新:学 / FirefoxのRSS購読ボタン?  / ブラウザのアップデート:新 / ★SSL / TLS 設定方法
特に、ブログを書く際等にHTML文を見ると『123<br />』が『<div>123</div><br />』と記述される件については、Chromeの記述が変わったようなので、Firefoxでなければならない事が無くなった。
ということで、WindowsパソコンでもChromeに乗り換えをする方向で考えよう。

しかし俺の環境では、現在利用しているChrome v71.0.3578.98(Official Build)(64 ビット)では、「TLS 1.0 / 1.1を使わない」ように設定できないので、利用する事を躊躇してきた。しかし、
TLS 1.0/1.1対応などが終了 ~Google、「Chrome 72」の新機能と廃止機能を明らかに - 窓の杜
とのことで、01/30に公開予定の v72で設定方法が変わるようだ。これにより「TLS 1.0 / 1.1を使わない」ように設定できるようになったならば、WebブラウザはFirefox⇒Chromeに乗り換えることにしよう。
着実な進化を遂げた「Microsoft Edge」 ~2019年は「Google Chrome」と同じ「Chromium」ベースに - 窓の杜
下らない事に拘る俺としては、Firefoxを止めたら電子メールソフトもThunderbirdを止めてMozillaから脱却したい感があるのだが、そこまで凝らなくとも良かろうということにする。そもそも、気に入る電子メールソフトが無い。
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
SSL化に必要な「サーバー証明書」を無料で発行するLet's Encryptの「HTTPS採用の普及」に関する調査をどう見るか次第だが、(https://)化が大幅に促進されている事は間違いないようだ。

「Excel 2010」の新元号対応パッチに起動不能や強制終了の不具合 ~すでに撤回済み - 窓の杜
問題が生じる環境は、2019/01/02に公開された「Microsoft Office」向けの更新プログラム「KB4461627」などのアンインストールを

関連記事:Windows 10の不調記録:5 / ブラウザのアップデート:新  / アドインのインストール状況:02 / ソフトのインストール状況:03 / 「修復ディスク」を作成 / Win10 v1803 Upgrade済 / Win10 v1803 Upgrade済2 / 「修復ディスク」を作成-2 / デバイスドライバ更新:学 / Gmailの使い方:学 / メールアプリ:学 / 知らなかったメーラー / Linuxを使ってみたい


風の谷のナウシカ 文化的研究-1

「ねんきんネット」の件

昨年の12月中旬頃に、日本年金機構からお知らせメールが届いていたので・・・ - 花咲爺やの気まぐれ通信」を拝読しました。

半年ばかり運用停止していた「ねんきんネット」がリニューアルしたので、再登録しろ...的なメール内容が届き手続き中との事です。同メールは私にも配信されていましたが、時節柄アクセスする事を躊躇していました。
上記の記事により大丈夫そうだな~という印象を抱いていますが、一部疑問を抱き、以下の質問を差し上げました。

当ブログにお越しの皆様で、本件に関する情報をお持ちでしたら、教えてください。
日本年金機構サイト内の「ねんきんネット」ページ
~~~【差し上げた質問の内容】~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私にも2018/12/19 16:32付けで同様のメールが配信されました。
「ねんきんネット」利用者なのですが、時勢柄アクセスする事を躊躇していました。
こちらの記事を見て心を強くしました。早速手続きをしようかと思ったのですが、しばらく見もしないでも差支えの無かった「ねんきんネット」の利便性ついて考えています。

一つ教えてください。
私に配信されたメール内では以下のアクセス先になっています。
―――――――
日本年金機構(Japan Pension Service)
〒168-8505
東京都杉並区高井戸西3丁目5番24号
ホームページhttp://www.nenkin.go.jp/
―――――――

記載のホームページはhttp://www.nenkin.go.jp/
ですが、正しくはhttps://www.nenkin.go.jp/です。
貴兄宛てメールでのURLを、差し支えなかったらお知らせください。

その他の<ナビダイヤル>0570‐058-555等については齟齬が無いので、(https://)に関する記載は単純な間違いだろうとは思うのですが、事が事なので念を入れたいと思います。
よろしくお願いします。
~【追記:2019/01/07】~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
本件質問は取り消します。お騒がせしました。
2019/01/07 AM、本件に関して確認作業を行いました。
  1. 日本年金機構公式サイトのメインTOP「https://www.nenkin.go.jp/」よりアクセス
  2. サイト画面の右上の「ねんきんネット」ページ「https://www.nenkin.go.jp/n_net/index.html」へ
  3. 「ねんきんネット」ページ画面の右上の(ログイン)URLを確認したところ、e-mailに記述された物「https://www3.idpass-net.nenkin.go.jp/neko/Z01/W_Z0101SCR.do」と同一である事を確認した。
  4. これにより、本件「ねんきんネット」に関するe-mailは怪しくないと確証。
  5. 「ねんきんネット」にログインできることを確認し、本件は決了とした。
  6. なお、「ねんきんネット」に新規登録は「https://www3.idpass-net.nenkin.go.jp/neko/Z06/W_Z0602SCR.do」から申請する。
フィッシング対策協議会 Council of Anti-Phishing Japan | ニュース
【ねんきんネット④】電子版「ねんきん定期便」「年金振込通知書」

MHLWchannel YouTubeより
【ねんきんネット①】ネットでかんたん利用登録(2016/11/09 に公開)
ねんきんネット②】人生の節目節目で確認を!
【ねんきんネット③】年金記録をかんたん確認
【ねんきんネット⑤】年金の見込額をかんたん試算

混雑する2022成人式

早いもので、2019新年も6日になり今日は小寒、寒の入り。大寒01/20 → 立春で、すぐに春也。
NHK今朝の天気予報解説によれば、01/27(今季の旧暦で12/22に当たる)が1年中で最寒日の記録との事也。
お年玉くじ(抽選くじ)のある年賀葉書を年賀状として受付・配達を取り扱うのは明日(01/07)迄である。それ以降は通常郵便扱いで消印が押される。消印が押されないように返し年賀するには、明日中に投函しなければならない。
年賀扱いとされる期間を01/07としたのは松の内に由来するとの事。松の内の期間については諸説あるが、近年では関東を中心として7日までとするのが多いようだ(伝統的には元日から01/15までを指し、関西などでは依然01/15までが多い)。 小正月や左義長を行う文化圏は01/15迄「おめでとう」と取り交わす風習らしいが、全国区で考えれば馬鹿にされるから、ブログにオメコメするのは明日01/07で止めた方が無難也。
年賀状を出し忘れたら…印象UPの寒中見舞い文例 - All About NEWS

来週の月曜01/14は、国民の祝日である成人の日也。この日は成人式を挙行する地方自治体が多いのだろうか。

日本における現在の形態の成人式は、第二次世界大戦の敗戦間もない1946年(S21)11月22日に埼玉県北足立郡蕨町(現:蕨市)で実施された「青年祭」がルーツとなっているのが定説とのことだ。現行の成人式は各地方自治体が自主的に当該年度内に成人(成年)となる者を招き、激励・祝福する行事(イベント)也。

2016年に公職選挙法が、2018年には民法が改正さたことで、従前の「20歳成人」から「18歳成人」へ移行する。
18歳から“大人”に!成年年齢引き下げで変わること、変わらないこと。 | 政府広報オンライン
ということで、2022年4月からは成人年齢が引き下げられ、「18歳」で成人となる。

これにより現行の成人式方式のままでは、「18歳成人」施行後初となる2022年度(2023年1月)の成人式は満20歳・満19歳・満18歳の3学年が対象になるため成人式の会場確保が難しくなる問題が生じる。式に参加する成人達の為に揃える衣装や着付け・化粧といった下準備に掛かるサービス要員等、解決しなければならない事は山積している。
これらを解決する方法は色々考えられるが、成人式自体は各地方自治体が自主的に行っているのであり、開催日は政治絡みとなる国民の祝日であることなどを併せて考えれば早期解決が必要である。しかし、大童となるのは当該年度だけであり、その前後には不要な対策である。安倍政権が得意とする閣議決定を行い、当該年度だけは、各地方自治体が勝手に決めていた成人式開催日を国主導で決めるのが最も簡単な解決策と考える也。
また、18歳の多くが高校3年生にあたり、成人式の開催時期が大学受験や就職活動と重複する事を併せて考えれば、国民の祝日を見直して成人の日を別の月日に変えてしまうのも良かろう。成人式を行わないのも選択肢也。
  • 当初、成人の日は1月15日であった。この日が小正月であり、かつて元服の儀が小正月に行われていたことによるといわれる。ハッピーマンデー制度導入により2000年から1月第2月曜日に変更された。
  • 豪雪の影響や帰省しやすい時期等を考慮して、大型連休中やお盆に成人式を行う地方も多い。
  • とはいうものの、成人式が引っ越すと、1月には国民の祝日が無くなる。
【20歳⇒18歳】成人年齢引き下げによって変わる6つの重要な問題
小正月には左義長を行うだけで十分なのかも知れない。

確定申告URLが変わった

昨年、以下の記事を斜め読みしていた。
国税庁サイト、リニューアルでほぼすべてのURLが変更。リダイレクトもなくユーザー阿鼻叫喚【やじうまWatch】 - INTERNET Watch(2018年4月2日)
その時点での確定申告サイトは「(平成29年分)【確定申告書等作成コーナー】-TOP-画面」の標記であり、下図の通り『平成30年分の確定申告書等作成コーナーは、平成31年1月4日(金)公開予定』との注意書きであった。
https://www.keisan.nta.go.jp/h29/ta_top.htm#bsctrl
20181227
なお、「仕事が早い! 国税庁サイトの旧URLから新URLを探せる外部サービスが早くも登場【やじうまWatch】 - INTERNET Watch(2018年4月3日)」というサイトも出現している。『あくまで第三者が提供している非公式な外部サービスであるため、利用は自己責任で行ってほしい』との事也。
e-Taxでの確定申告は未体験にので詳細は承知していないが、「追加機能のお知らせ」によればe-Taxの送信方式が変わり『「マイナンバーカード方式」と「ID・パスワード方式」の選択ができる』ようになり、
  • 「マイナンバーカード方式」は、マイナンバーカードとICカードリーダライタを利用してe-Taxを行う方法
  • 「ID・パスワード方式」は、『ID・パスワード方式の届出完了通知』に記載されたe-Tax用のID・パスワードを利用してe-Taxを行う方法で、マイナンバーカードとICカードリーダライタは不要。但し、『ID・パスワード方式の届出完了通知』を発行してもらわねばならない。
なお、生命保険料控除や寄附金控除については、生命保険会社等から電子データで交付されている場合それを読み込める改良が行われ、紙の証明書等から入力する必要がなくなったとの事。
 年も改まり公開予定期日(2019/01/04)を過ぎたのでアクセスを試みたところ、上記のURLで表示される画面は新しくなっていた。これにより、今年の確定申告先サイトは(https://)でアクセスできるということ也。
2019/01/04    平成30年分の確定申告書等作成コーナーを公開しました
過日よりe-Gov(電子政府の総合窓口)が頻繁に工事に行っている。(関連過去記事:e-GovがJava抜きに)
遅々としている日本の行政機関でもやっと常時SSL化の波が押し寄せてきたのだろう。国税庁サイトに限らず、日本国の行政機関は予告も無く常時SSL化を行いサイトのURLを変えたり、Java抜きにしたり、TLS 1.0 / TLS 1.1 による接続拒否設定する事が考えられる。来る01/30に公開予定のGoogle Chrome v72 では「TLS 1.0 / TLS 1.1」が非推奨となるとのアナウンス也。他のWebブラウザも同じ事を行うであろう。
TLS 1.0/1.1対応などが終了 ~Google、「Chrome 72」の新機能と廃止機能を明らかに - 窓の杜
当地野々市市の公式サイトは以前より(https://)である。そろそろ、Internet Explorer 11アンインストールかな。
石川県の公式サイトも「SSL(暗号化通信)の使用」なんて注意するなら、改良すれば良かろうと思うが...
Windows10 - Internet Explorer のアンインストール(削除) - PC設定のカルマ

2019年の口開け

2019年が明け、今日からは俺も日常に戻った。(旧暦では2018年11月29日、新暦の2月5日が元日也)
世の中的にも仕事始めということで、現役仕事人達は久しぶりぶりの出社をしているのだろうか。
尤も、今日01/04は金曜日である。仕事始めに出社して大勢で新年挨拶を一声で済ませてしまうのは極めて楽な方法である。しかし、今日をのんびりと連休したばかりに、後日の連休明けになって一人で個別に挨拶回りをするのは時間のロス以外の何でも無い。それでも自分から挨拶しに行くのは仕方なしとしても、挨拶しに来る相手がいるのは極めて五月蠅い状態になる。相手にしても、面倒ながら来るのだろう。

割り切って考えれば、新年の挨拶をしなければならない相手とは年賀状の交換をしているのだから、顔を合わせてまで「今年もよろしく」等とオタメゴカシの挨拶をする必要は無い。逆手に考えれば「年賀状を交換しない相手と年賀の言葉を交わす必要は無い」ということだ。少なくとも俺の場合、賀詞を交す必要のある相手には年賀状を送っていた。年賀状をよこさない者に限って初出社してから年始の挨拶に来る景色は面白い。
尤も「チコちゃんに叱られる」によれば、『本来は、出向いて行き顔を合わせて年賀の挨拶をするべきところを手抜きしたのが年賀状』ということだ。それに寄らずとも、古くの年賀挨拶は『相手と会った記憶』である。
それでも、松の内(伝統的には元日から1月15日まで)の01/07迄であれば新年の挨拶として承るが、1月も中旬になってから間の抜けた対手が「今年もよろしく」などとホザクと、出社に及ばずと言う心の声を抑えるのが大変だ。

2018年の仕事納め以来、年末は寒波襲来との天気予報が当たり寒い日が続いたようだが、今日は幾分温かい。
20190104

日本の証券取引所では大発会が行われ、安倍政権は何故か知らないがキャッシュレスに御執心である。
俺が仕事人時代であれば、10時頃に出社し仕事始めの挨拶が済んだかと思えば早々に初詣と称して会社はドロンしていた。昭和時代であれば即座に居酒屋直行していたが、平成になってからは少しは遠慮して午前中は秋葉原詣ででパソコンを眺めて、午後から居酒屋に繰り出していた。

過去記事:2015正常運転開始

2019関心ニュース

2019年に関心を持ったニユースをスクラップ。  (201620172018) ※此の日
WikiPedia:2019年

心配し過ぎの半病人

検診を受けていた方が寿命が短い? 健康診断や人間ドックの必要性 | ままのわ
「検診を毎年受けている人たちと、受けていない人たちの生存年数の比較調査では『検診を受けていた人たちの方が、寿命が短い』という結果が出ているんです」と指摘するのは....
とりあえず検診を受けておけば安心と思っている人は、病院に足元を見られている可能性があるかもしれません。 (WikiPedia:健康診断) ※平成30年度ののいち いきいき健診
なんとめでたいご臨終
小笠原 文雄 (岐阜の在宅医療|経験豊富な小笠原内科|24時間365日対応)
在宅医療ネットワーク|全国在宅療養支援診療所連絡会 (石川県)
安倍内閣の退陣を熱望

月別アーカイブ
Photogallery -最新6枚
  • インプラントは永久か
  • 同期生はどうしてる
  • 嘘つき外交の結果発表
  • 大阪って、どこじゃ
  • Windows 7に不具合
  • 待ち遠しいChrome72
instagram

コメント感謝 -最新12件
ブログ内 検索

タグ絞り込み検索
禁煙開始から

今日は何の日?

2019年
此の日
旧暦カレンダー
こよみのページ
気象情報-livedoor石川県

 遊びに行こう


つぶやき
名言黒板

QRcode QRcode(2)
Make it cman

1日1回クリック
クリックで救える命がある。
更新情報RSS
follow us in feedly   無無無庵RSS
このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール
I use Windows10 & Firefox
Display 1366×768 に最適化
・・・・ リンクフリー ・・・・

このブログ始めて
・・ IPアドレス検索 ・・
  • ライブドアブログ