無無無庵

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く
団塊世代のセカンド・ステージ - 退職親父のボケ封じ

ブログを増設

livedoorブログが、ブログ全体にパスワードが設定できるようになった
2014/02/20から この機能を試験運用してみたが、キッチリと内緒にできそうなので本格運用することにした。

これで、しょうも無いブログから、特に しょうも無い部分は秘密ブログに書くことができる。
以前の物は、引っ越しが面倒なので残置することにする。

livedoorブログ、偉い

ソチ

2014年2月7日から23日で開催されたソチオリンピックが終わった。
2014年3月7日から16日までの期間に開催されるソチパラリンピックではアルペンスキーがあるが、その頃、雪が有るのかな??
ソチの 3月平均最低気温は、5℃だそうだ。  ※2月は3℃

執筆者不在のブログ

無料レンタル・ブログに乗り換えたことで、自分で開設したホームページをメンテナンスすることが無くなった為、暇になったので この10年ばかり御無沙汰していたネット友を探してみた。

しかし、御自分でホームページを開設していた人の大半が 「お探しのサイトは存在しません」 とのメッセージである。 有料のサーバーをレンタルしていた為、なんらかの事情でレンタル期間の更新がなされなかったのだろう。

一方、無料レンタル・ブログを利用していた人の大半は、数年前に書かれた記事を最後に更新された気配が無い。

ホームページにせよ、ブログにせよ、飽きて止めたことは考えられるが、ネット友の当時の年齢から推し測るには 「記事を更新することができなくなった」 と推察される。

以前、「ホームページの行方は?!」として
お墓の永代供養のように、「ホームページの所有者が不幸にあった際、不幸が訪れる以前に意思表示している場合は、供養料に応じて一定期間はホームページを保管する」。
そして、「旧・所有者の意思表示がある場合は、新たな者にそのホームページの所有権等を移行することができる」体系のサーバースペース・レンタル制度を持つ会社の設立を!
重要な内容を掲載するホームページは勿論ですが、路傍の石のようなホームページでもその運営者にとっては未来に伝えたい内容が有るのではないのでしょうか!?
ということを書いた。 その後 死後もネットを漂う「故人情報」…トラブルも(2013年6月23日08時57分 読売新聞) を読み、「残されるホームページは(?)」 として    ※読売新聞の同記事は、既に抹消されている。
我輩は、死後もホームページを維持したい と思い、支払い金の期限が過ぎたら抹消されてしまう有料レンタルサーバーよりは、(サーバー会社そのもの の存続に疑問を覚えるリスクはあるものの)使用料金の支払いに関係無く無期限に利用できる無料レンタルサーバーが望ましいのでは と考えてきた。
しかし、そうでは無いのかもしれない。 当人とともに、ホームページも消え去ることのほうが良いのかも知れない。
と考えている。 しかし、「日記すること」 で書いたとおり 死ぬまでブログを書き続けたいと願っている。
だが、死後もネットを漂う「故人情報」…トラブルも に言うように 執筆者が死んだ後にも、ブログ記事や写真等かネットのサーバーに存在し続けることは如何なものだろう。
  • このlivedoor無料レンタル・ブログでは特に規約が無いようで、解約しない限りは存続し続けるようだ。
  • 写真共有サイト「フォト蔵」では、最近規約改定があり、2年間更新が無い場合はユーザーIDが無くなりデーターを抹消されることになった。
  • 有料レンタル・サーバーは期間更新手続きをしなければ、それで全てのデーターが抹消される。
健康なうちにブログの解約処理ができれば良い。 しかし、突然死の場合は困るね~
一定の期間更新が無い場合は、ブログ等の利用権を剥奪し、すべてのデーターを抹消して欲しいと考えるのですが..

facebook、Twitter、YouTube 等についても気をつけよう

宅配サービスを探す

最近は、デリバリーネットスーパー食材宅配サービスと呼ばれる物が増えてきている。
しかし、北陸地方は そのサービスの空白地帯となっている。
老後に備えて、当地で利用できるサービスをピックアップしよう。


実りなき論議 !

石川)S―1断層中心に調査 志賀原発で原子力規制委:朝日新聞デジタル

石川県に只ひとつ有る志賀原子力発電所にある断層が、活断層か?否か? で揉めている。
その揉め方を眺めていると、バカバカしいとしか言いようがない。

国側(旧原子力安全・保安院)が「活断層だ!」と言い、それに対して原発を操業する北陸電力が独自調査で「活断層ではない」と言い、国側(原子力規制委員会)が「活断層だ!」だと言うことを繰り返している。
その結果、国側が2日間の現地調査を行うのだそうだ。 2日間の現地調査で、何か判るのか

国側は大先生が物申しているのだろうが、北陸電力側だって素人が調査して報告書を作成した訳ではあるまい。
どちらの先生様が偉いのか?知らないが、くだらないことで揉めている。

北陸電力の行う調査時点に、双方から参加すれば、無駄な税金等を使わなくても済むんじゃ~ないの
これから、他の原発でも同様の実り薄い議論が行われるのか と思えば、アホらしい。
何れの結論に行きついても、その反対のことが起こったからと言って、責任取るのかいな

大先生がどんなに議論したところで、真相は地球だけが知っている

東北縦貫線工事

「上野東京ライン」開業まで一年、東北縦貫線のいま - 写真特集 - Asahi Shimbun Digital[and]

東北縦貫線工事が、着々と進捗している様子。
WikiPedia:東北縦貫線計画より
上野駅が事実上の起点となっている東日本旅客鉄道(JR東日本)の東北本線(宇都宮線)の列車線を東京駅まで乗り入れさせ、東海道本線との直通運転を実現することを想定した計画。
2008年5月30日から工事が始まり、2014年度中の完成を予定している。
JR東日本による本ルートの愛称は上野東京ラインである。
2015年春に開業するとのこと。
これで 「ああ上野駅」 の時代からお別れということになるのか。

ああ上野駅 歌詞
歌:井沢八郎  作詞:関口義明  作曲:荒井英一


東北縦貫線が完成しても、上野駅は現在の形を留めるとの計画は在京時代に聞いていたが、東京駅まで延伸となれば廃れいくのかも知れない。 しかし、浅草への観光客がいるから、大丈夫なのかな!? また、以前より(東北・新潟・長野)新幹線は東京駅から発車となっているから、乗客の昇降には大差が生じないのかも知れない。

集団就職をしなかった我輩は上野駅に想い出が無いが、東北出身者として歴史の変わり目を見るにつけて 一抹の淋しさを覚える。

「黒田官兵衛」考

放送中の大河ドラマ「軍師官兵衛」で、黒田官兵衛が主人公となっている。 NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」
さすがは主人公で、なかなか恰好良く取り上げられている。 しかし、そうなのだろうか!?

「軍師」 として、織田信長 や 豊臣秀吉 に仕え、彼等の天下取りに貢献した と言えば聞こえ良いが、黒田官兵衛自身が武士の出であり、織田信長が本能寺の変で没した直後には豊臣秀吉に先んじて天下取りをできない立場ではなかった。 そもそも、軍師と書けば様子が良いが、策士と書けば怪しげだ。

自ら天下取りを目指すことなく 「軍師」 の立場を貫き、後には九州北部を制圧しながら、中央の政治に屈して隠居生活のままに死去する姿は、現代の○○○にも通じるものを覚える。 所詮は それだけの器ということか。

やるのなら 「軍師」  として仕えるよりは、表舞台に立ちたいものだ。

WikiPedia:軍師より
日本では、中世に軍師と呼ばれる人々が現れたとされるが、中世に軍師という呼称やそれに相当する役職はなく、実際に存在したのは陰陽道の影響を受けた占星術、易などの占術を学び、合戦における縁起担ぎを取り計らう軍配者であったと言われる。
戦国時代が終焉して江戸時代に入ると、太平の時代風潮からかえって戦国大名が戦場で用いた戦法を研究する学問として軍学が生まれ、軍学者によって甲斐国の武田信玄に仕えた山本勘助、越後国の上杉謙信に仕えた宇佐美駿河守定行、駿河国の今川義元に仕えた太原雪斎、豊後国の大友宗麟に仕えた立花道雪などの伝説的な武将が軍学の始祖として称揚された結果、戦国大名家には軍師の職制が存在し、彼らが実際に活躍した軍師であると信じられるようになった。
安倍内閣の退陣を熱望

月別アーカイブ
Photogallery -最新6枚
  • 11PMの星、逝く
  • エディタでdivタグが挿入
  • 焼け残った町家が頼り
  • 焼け残った町家が頼り
  • カシオのデジカメ生産終了
  • インターフォンの功罪
instagram

コメント感謝 -最新12件
ブログ内 検索

タグ絞り込み検索
禁煙開始から

今日は何の日?

2018年
2018年の日本
旧暦カレンダー
こよみのページ
世界時計
気象情報-livedoor石川県

 遊びに行こう


掲示板の記事-最新5件
掲示板へ

名言黒板


QRcode QRcode(2)
Make it cman

1日1回クリック
クリックで救える命がある。
更新情報RSS
follow us in feedly   無無無庵RSS
このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール
I use Windows10 & Firefox
Display 1366×768 に最適化
・・・・ リンクフリー ・・・・


・・ IPアドレス検索 ・・
aWebAnalysis.com
  • ライブドアブログ