無無無庵

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く
トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

首都高速道路を地下化したい

東京都の日本橋は、道路元標が設置されいてるにも関わらず、首都高速道路の日陰者の地位に追いやられて久しい。

2020年の東京オリンピック迄に、首都高速を地下化して日本橋を昔の姿に戻して日の目を見せてやりたいものだ。

以前より日本橋付近の首都高速を移転させる計画は浮上していたが、実現するには至っていない。
この度の東京オリンピックは、これを実現させる良いチャンスだろう。



そもそも首都高速は1959年に首都高速道路公団が誕生して以来工事されており、その老朽化(写真)はマスコミでも取り上げられている。
噂されている東京圏を襲うであろう大地震に対応することも含め、老朽化した首都高速を補修することは必然である。
高度成長期ましてや1964年(昭和39年)に開催された東京オリンピックに向けて 行け行けドンドンで作られたコンクリート構造物を補修したところで、大地震に耐えられるのだろうか!!??
そんな疑問を抱えて補修工事するよりは、いっそのこと新・首都高速として地下化することを真剣に思案したいものだ。
そりゃ~、地下化に掛かる費用は高いけどね。

せめて日本橋(写真)の上だけでも、欲を言えば江戸城の外堀の上に掛かる首都高速のすべてを。
JR中央線の新宿~秋葉原間の空間が魅力的だね~

船で観光することができる日本の首都は、とても素敵だと思うのだが...
このサイトが面白い ⇒ 時系列地形図閲覧ソフト「今昔マップ2」|旧版地形図の比較に

でもね
首都高速を構想した頃には その存在意義が有っただろうが、東京都中心部の環状線は今や不必要なのではないだろうか?
制限速度50Km/hの首都高速環状線を走るよりは、一般道を走っても目的が達成できるのでは?
首都高速放射線と これにつながる高速道路を利用することで、東京都内の通行量を緩和することを検討したい。
これにより、首都高速環状線を廃止したい。

長~~い 1週間

この年末始休暇は、長い人は9日だったそうだ。
ちなみに、次の年末始休暇も9日になる。(H26/12/27~H27/01/04)

その人は、明日から丸々1週間のお仕事がはじまるんだね~
休み慣れた体には、しんどいだろうね~

とほくそ笑む、退職爺でした

織田信長は名古屋弁て

NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」なる物を視聴中。
この手のドラマを見て、いつも思う。

どうして 織田信長は名古屋弁を話さないのだろう

織田信長にしろ豊臣秀吉しろ、出生は尾張(名古屋弁)だそうだ。 徳川家康は三河(三河弁)だそうだ。
現在テレビドラマ等で武家言葉 (武士言葉) として語られる言葉は、いずれの地域の方言でも無い。
そもそも武家言葉とは、現在テレビドラマ等で語られるようなものであったのだろうか??
天下の覇者たる者が用いた言葉 (方言) に近いものが標準的に使われたのでは...と思うのだが。

武家なる者は、平安時代より始まるらしい。
当時であれば公家言葉 (京言葉) が標準語とのことだ。
WikiPedia引用
京都は1000年以上にわたって日本の都があった地域であり、江戸時代中期まで京言葉は日本の中央語(事実上の標準語)とされ、現代共通語の母体である東京方言を含め、日本各地の方言に強い影響を与えた。明治から昭和中期までの標準語普及政策の影響も少ない。
京都は伝統を重んじる保守的な街とされるが、古くからの大都市で京言葉は変化し続けており、平安時代以来の古語はあまり保存されていない。
京言葉は、大きく分けて御所で話された公家言葉(御所言葉)と、街中で話される町ことばに分類される。前者の公家言葉は、宮中や宮家、公家のあいだで室町時代初期から女官によって話されたもので、現在では一部の社寺に残されている。後者は、話者の職業や地域によって更に細かく分類することが出来る。
公家に仕える身分であった武家は、当然 公家言葉を使わなければ意志疎通ができなかったであろう。
時代が下り戦国の世になっても、中央に天皇を頂く事に変わりは無く、天下を目指す者にとっては公家言葉を話せることは必須であったことが推測できる。
しかし、自領にては その地方の方言で話していたのではないだろうか??
武家言葉なるものを発祥させる必要性は、どこにあったのだろうか??

WikiPediaで「武家言葉」を探しても、江戸言葉の中で軽く触れているだけである。
山の手言葉が武家言葉に京言葉などが混ざって形成された言葉であるのに対し、江戸言葉は町人社会で発達した言葉である。江戸時代の江戸町人が使用した言葉の特徴を引き継いでいることから「江戸言葉」と呼ぶ。
WikiPedia:東京方言
東京方言とは、江戸・東京で用いられてきた日本語の方言である。武士の山の手言葉と町人の江戸言葉(江戸弁、町方言葉、下町言葉)が含まれる。
ということで、難しいことは判らないが、現在テレビドラマ等で用いる「武家言葉」は、江戸時代の武士が用いた言葉ということらしい。

時代劇だからといって、そんな「武家言葉」を覚えなければならない役者も面倒なことである。
また、普段は聞かない「武家言葉」を、現代語に翻訳して聞かなければならない視聴者としても面倒なことだ。
でも、恰好良いのかな~
いっそのこと、現代の標準語で話せばよろしい..と思うのは、我輩だけだろうか

政治の右翼化(?)を憂う

強い日本」を取り戻すことをうたい文句にする、現・安倍内閣である。 ※安倍内閣
アベノミクス」だか(?)「三本の矢」だか(?)知らないが、経済政策をメインにしている振りをしているうちに、特定秘密保護法なんて~ものを作っちまった。

途端に、軍備増強策が目白押しだ。
特定秘密保護法は、更なる軍備増強策を計るための隠れ蓑にするつもりかと疑ってしまう。
(疑い では無く、そのとうりなんだ。  という声が聞こえそうだ。)
安倍晋三氏のキャリアから推測しても、右翼に傾倒することは不思議では無い。

戦車や軍艦なんて~おもちゃを与えられれば、使って見たくなる者が現れても不思議では無い。
とは言うものの、昔なら兎も角、現代の戦争で戦車や軍艦を増やしたところで、役立つのだろうか??
無駄に金を使っているとしか思えない。 他に、使いべき事が目白押しなのではないか。

TPP交渉の進捗・近隣諸国との対立状況・東南アジアにおける日本の立場・アメリカとの関係、等。 すべては、安倍内閣 が招いたことである。
太平洋戦争に突入する前の大日本帝国を取り巻く状況を彷彿とさせる世界情勢の中、安倍内閣は日本国をどのように導こうとしているのだろうか??!!

マスコミは、北朝鮮や中国の状況を報道することで日本国民の目を反らせ、安倍内閣の方針に従っているのだろうか??!!

安倍晋三氏は、第二の三島由紀夫事件の発生を心待ちしているのだろうか?  それとも、第二の東條英機たることを目論んでいるのだろうか?
石破茂氏(現・自民党幹事長)は、従前より右翼寄りの発言が目だったが、彼のほうがリベラル派に思われるこの頃である。

金を持っていて喧嘩に強いことが、強い ことではあるまい。

「寒の入り」の野々市散歩

今日は「寒の入り」。  ※小寒
日の経つのは、早いと感じる。
とは言いながら、節分が待ち遠しい。 ※立春
曇りの予報であった当地だが、めっけもの青空がのぞく。
関西文化圏の当地でのコンビニ前では、恵方巻きの宣伝旗が掲げられていた。

201401052


この川沿いの梅も、もうじき蕾がポホンだな~
201401051

「よみがえる江戸城」、よかった

レンズが撮らえた幕末日本の城
レンズが撮らえた幕末日本の城 永久保存版[本/雑誌] (単行本・ムック) / 小沢健志/監修 三浦正幸/監修 來本雅之/編著
レンズが撮らえた幕末日本の城 永久保存版[本/雑誌] (単行本・ムック) / 小沢健志/監修 三浦正幸/監修 來本雅之/編著

昨日のNHKザ・プレミアム
よみがえる江戸城




「おめでとう」 の言葉

年が改まったことで、ネットの世界 (ブログのコメントや、掲示板) でも 新年の挨拶が飛び交っている。
現実社会でも交際があり 欠礼状を送られるような互いの近況を知っている者同士なら兎も角、ネット世界でしか交友の無い者同士が、「おめでとう」 とブログの管理人が言わないのに コメントで 「おめでとう」 の挨拶をすることは如何なものだろう。

不幸事等があり、「おめでとう」 の言葉を言えない人もいるだろう。
「おめでとう」 と言われても、困る人もいるだろう。
ネットの世界 で堅苦しく...と思う人もいるだろうが、我輩がその立場なら多いに困る。

我輩は、現実社会でも、ネットの世界でも、「今年も よろしくおねがいします」 としか言わないことにしている。
それも、相手から 新年の挨拶 があった場合だけで、自分から進んで新年の挨拶をすることは無い。
ネット世界で新年の挨拶をすることは、しないように努めている。
新年の挨拶は、年賀状で済ませているという感覚である。 年賀状を出せない (住所すら知らない) 相手に新年の挨拶は不要という認識だ。

ちなみに、「おめでとう」 と言い合う期間は 本来は 「三が日」 迄らしい。
最近のサラリーマンは、「三が日」 を過ぎた初出社の日以降にも いつまでも「おめでとう」 と言う。
「おめでとう」 と言いたい(言わなければならない) 相手ならば、本来であれば 「年始回り」 して 「年始の挨拶」 を行うべきであり、それが叶わないのであれば 年賀状 にて 「年始の挨拶」 をするべきであろう。
年賀状も出さない相手に対して 「おめでとう」 だのとの挨拶をすることは、年賀状を出す事以上に儀礼的である。

また、「年始の挨拶」 を行えるのは、「松の内」 迄である。 まあ、二十日正月の習慣がある地域もあるらしいが...
新年になって初めて逢ったからといって、1月も中旬過ぎてから 「おめでとう」 なぞの挨拶をする非常識な営業マンとは、絶対に付き合わない。

WikiPedia引用
元日の1月1日から1月3日まで(三が日)、または「松の内」までを特に「お正月」と呼ぶ。
「松の内」とは、元々は1月15日まで、現在は一部地域を除き7日までを指す。
蛇足ながら、
最近の若いテレビ司会者なぞは、「新年 あけまして おめでとうございます」 と、重ね言葉を言う。
これは、「新年 おめでとうございます」 or  「あけまして おめでとうございます」 の何れかで良い。
安倍内閣の退陣を熱望

月別アーカイブ
Photogallery -最新6枚
  • WindowsPCで動画作成
  • 2019年賀状を発送
  • 12/12、Win10 自動更新
  • 下着に貼る活動量計
  • 行って行ってしまった
  • 左肩の骨折、3年目
instagram

コメント感謝 -最新12件
ブログ内 検索

タグ絞り込み検索
禁煙開始から

今日は何の日?

2018年
2018年の日本
2019年
旧暦カレンダー
こよみのページ
気象情報-livedoor石川県

 遊びに行こう


つぶやき
名言黒板



QRcode QRcode(2)
Make it cman

1日1回クリック
クリックで救える命がある。
更新情報RSS
follow us in feedly   無無無庵RSS
このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール
I use Windows10 & Firefox
Display 1366×768 に最適化
・・・・ リンクフリー ・・・・

このブログ始めて
・・ IPアドレス検索 ・・
  • ライブドアブログ