無無無庵

(むさんあん) - 思考が無く - 躰が無く - 心が無く
トキメキ団塊親父のセカンド・ステージ - 退職爺のボケ封じ

今宵も良夜

ブログに「今宵も良夜」という新しいカテゴリーを設けた。

最近はスマホなる物で、いつでもインターネットにアクセスすることが流行らしいが、そんなことでパケット代金を増やしたくない我輩としては専らdocomoのガラケー愛用者である。

ガラケーでメール送信してもパケ代は基本料金に込みである。
そんなことから、写真にせよ 全てメール送信できるようなインターネット環境にした。
英語環境が嫌いなので、このブログから全て日本の企業が提供する品揃えである。

新しいカテゴリーは、携帯からメール送信したものだけを掲載することにした。
寝る前等に思い出したことをメモ的に書き込む場合に利用する所存である。
とは言うものの、寝てしまうほうがはやいかな

電子書籍を読みたい

ガチャ目の爺としては、文字の拡大ができる電子書籍に関心を寄せている。
そのためには、電子ブックリーダーを買うか...等が必要になるらしい。
ところが、電子ブックリーダーなる物が色々と有り過ぎる :-?
ということで、お勉強

関連過去記事
電子ブックリーダー

WikiPediaより
電子ブックリーダーの代表的なものとしては、主に以下のものがある。

シグマブック

松下電器産業(現パナソニック)が2003年7月に発表、2004年2月20日に発売した電子書籍専用端末。シグマブック独自のファイルフォーマット、eBookJapanのebi-jファイル、テキストファイル、ビットマップファイルに対応する。この機器は単三の乾電池2本で3~6カ月使用でき、また電源を切っていても内容は表示されたままという電子ペーパーを利用して重量は300gという事である[10]。
大きな特徴は見開きの画面であることが挙げられる。漫画は見開きを一つのページ単位で描画する作家が多く、見開きを一つページにして迫力あるシーンを描画する作家もいれば、片方のページに描いた内容をもう片方のページで説明するなど見開きで見ることができるというのは作家(特に漫画家)にとって非常に重要な要素の一つである。
ただし、同端末はモノクロしか表示できないにもかかわらず価格が3万円台という事もあり、今一つ出版業界を大変革させるに至らなかった。

ワーズギア
2006年にはシグマブック後継のカラー表示に対応した単画面のWords Gear(ワーズギア)[11]が発表されたがやはり普及には至らず、2008年3月に電子書籍端末の製造を終了、同年9月30日には配信サービスも終了。

リブリエ
ソニーが2004年4月24日に発売した電子書籍専用端末。対応する電子書籍のファイルフォーマットは独自形式のみだが、シグマブックとの違いはその多機能性である。電子辞書を使用することができ、また朗読機能も有している。しかし、書籍に対して価格が4万円台と高く、モノクロ表示しかできないことに加えてレンタルのコンテンツしかなかった事などもあり、シグマブック同様に電子書籍の普及に貢献するには至らなかった。端末の製造は2007年5月に終了、配信サービスも2009年2月に終了。後継機種としてソニー・リーダーも登場した。

Amazon Kindle
アマゾン社による電子書籍端末。独自形式を採用。
端末

ソニー・リーダー
ソニー製のブックリーダー。2006年9月より北米で、2010年12月より日本で発売されている。E INK方式電子ペーパーを使用。

biblio leaf SP02
auブランドを展開するKDDIおよび沖縄セルラー電話が2010年12月以降に発売予定の電子書籍専用端末。独自形式を採用。CDMA2000 1xEV-DO Rev.A対応通信モジュールおよび無線LAN、ソーラーパネルなどを搭載。開発・製造は台湾・鴻海精密工業(Foxconn)。

GALAPAGOS
シャープ製のブックリーダーで2010年12月10日より発売されている。日本独自の雑誌などのコンテンツにも対応した次世代XMDF対応書籍ビューアを搭載している。シャープブランドの製品はWiFiのみのモデルであるが、NTTドコモからは3G回線に対応したモデルブックリーダーSH-07Cが発売される予定となっている。OSにはスマートフォンで搭載されているandroidが採用されているため、androidのブラウザやコンテンツも一部利用可能となる。

楽天 kobo Touch
カナダのKobo社が開発したブックリーダーで日本では2012年7月19日から楽天より発売された。7980円という戦略的な価格であり、楽天はこれを「挑戦価格」と呼んでいる。ファイルフォーマットはEPUB3を採用し、PDFにも対応している。通信機能はWi-Fi(IEEE 802.11b/g/n)に対応している。ブックリーダーと電子書籍コンテンツは楽天の「Kobo イーブックストア」から購入する。青空文庫の電子書籍がEPUB3のフォーマットで収録されていて無料で読める本としてダウンロードできる。
端末

電子書籍を販売しているストア

電子書籍ストア BookLive!- マンガ、小説、ラノベ、写真集、雑誌【無料立読み 多数】
--無料アプリ「BookLive!Reader」をDLLして読める。
 
honto 書店、通販、電子書籍のハイブリッド総合書店【共通hontoポイント貯まる】

電子ブック楽天<kobo> 読書に革命を。新しい楽しさを。
--青空文庫の電子書籍をダウンロードできるらしい。
--PDFにも対応

Amazon.co.jp: Kindleストア
--専用端末であるKindleが必要。

電子書籍・コミックはeBookJapan

紀伊國屋書店ウェブストア

無料
青空文庫 Aozora Bunko
--色々な無料アプリをDLLして読める。

電子書籍の横断検索ができるサービス一覧

志張温泉の湯

花輪町に住んでいた頃だから、小学校1年の時だろう。

子供の手には大きすぎる親父の軍用ナイフを持ち出して、ドジラの実を飛ばす鉄砲を作っていた時、ナイフが滑り左手人差し指の第一関節付近を切ってしまった。
幸い骨にまでは至らなかったが、ブラブラとぶら下がった人差し指を手ぬぐいでグルグル巻きされ、すぐに志張温泉に連れて行かれた。

その御湯につかる事1週間程度で、ブラブラの指は見事に引っ付き、傷痕が残るものの未だにキーボードを叩いている。

志張温泉は、10年程(もっと前かも?)前に米代川の氾濫のため閉館されていたが、現在は志張温泉元湯という名称で再び営業されている。
立地の位置等の詳細は不明であるが、御湯は以前からの物のようだ。
御湯は販売されているようだ。

詳細は、志張温泉元湯ホームページ
こんな紹介記事もあった。


大きな地図で見る

よしが浦温泉ランプの宿


嘘(うそ)

♪折れた煙草の吸殻で あなたの嘘がわかるのよ

ではじまる中条強氏の歌謡曲があった。

そのフレーズにある

♪髪も染めずにいてくれと 女が後から泣けるよな

♪悲しい嘘も つける男(ひと)

生活苦から、イヤイヤながらも男に身を任せることが必要な時代に、髪を染めるとうい行為は そのような生活を送る女達のシンボルであった。

日本女性にとって「髪は命」の時代であり、命の髪は烏の濡れ羽色であることが当然の時代の話である。

この主人公(女)は、すでに堕落した生活を送っているのだが、その女に「髪を染めるな」と言ってくれる男がいた。

「堕落するな」と言ってるのだ!

すなわち それは愛の告白と受け取れる(嘘)であることを歌っているのである。

そんな時代もあった。

今では、何の不自由も無い女が髪を染めて、これ見よがしに闊歩する。

ホームページは、ブログに1本化

これまでXOOPSを利用して開設してきたホームページを閉鎖した。
なんだかんだで、14年ばかりいじくってきたが、この1週間程レンタル(有料)サーバーが不調だったことが主な原因である。
また、XOOPSというものは、原因不明でも画面真っ白になり、その度に復旧に向けたつまらない作業が発生する。
その道のプロに言わせれば「原因不明」ということは無く、すべては利用者である我輩が何かをした結果ということらしい。
そのへんの議論は割愛するが、いずれにしてもそんなことで無い頭を使っているほど若くは無い。

最近のブログは、XOOPSの提供する機能程度は十分にある。
また、昔に比べれば巷の無料サービスが多く、それらを組み合わせることで素晴らしい環境が出来上がる。
要するに、バカと鋏は使いようということだ。

どうしても使いたかった1行掲示板だけは、巷のサービスでは発見できなかった。
また、14年の間に溜めこんできた諸々の記事を移行することが面倒だったので、一部の機能だけは残置して利用することにした。
まあ、暇を見て移転することもあるかもしれない。


歴史記述と記憶

人類の歴史記述は、西暦で語られることが多い。

拙者にとっては、イエス・キリストが生まれたとされる年から数え始なくてもよろしいのであるが、それはさて置く。

西暦2000年と言えば、とてつもなく大昔のように感じ、考古学者が墓泥棒をして歴史を確認している。

一人の人間の寿命を50年としても、2000年は、40人が生きた(生活した)だけの年数だ。

高々、40代前のことが記録にも残らず、記憶からも消え去ってしまう。

身近なことで言っても、昭和は遠く為りにけり..というところである。

人間は、実にバカな生物なのである。

紀元前として遡ることができる歴史記述は、シュメール文明あたりの紀元前九千年あたりが最も古いのであろうか?

しかし、現代人が知らない歴史が存在し、我々はその歴史記述を忘れ去っているのであろう。
安倍内閣の退陣を熱望

月別アーカイブ
Photogallery -最新6枚
  • インプラントは永久か
  • 同期生はどうしてる
  • 嘘つき外交の結果発表
  • 大阪って、どこじゃ
  • Windows 7に不具合
  • 待ち遠しいChrome72
instagram

コメント感謝 -最新12件
ブログ内 検索

タグ絞り込み検索
禁煙開始から

今日は何の日?

2019年
此の日
旧暦カレンダー
こよみのページ
気象情報-livedoor石川県

 遊びに行こう


つぶやき
名言黒板

QRcode QRcode(2)
Make it cman

1日1回クリック
クリックで救える命がある。
更新情報RSS
follow us in feedly   無無無庵RSS
このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール
I use Windows10 & Firefox
Display 1366×768 に最適化
・・・・ リンクフリー ・・・・

このブログ始めて
・・ IPアドレス検索 ・・
  • ライブドアブログ