FIFAワールドカップ(FIFA World Cup)ブラジル大会(2014年6月12日から7月13日) が終わって久しい。
サッカー(アソシエーション・フットボール) なんて~ものには、まるっきり関心が無かったが、TVニュースでワールドカップが繰り返し報道されるのを見ている内に、何となく出場選手の顔を見覚えた。
その後、日本国内で行われるサッカー競技で見覚えた選手を見るにつけ、へ~ という思いだ。

WikiPediaを眺めると、日本サッカー協会のリーグとやら下の部組織に、Jリーグ(J1・J2・J3) / 地域リーグ / 都道府県リーグ / 日本クラブユースサッカー連盟 といった区分けがあるようだ。
一応はワールドカップに出場する選手は Jリーグに所属するのだろうと思うのだが、Jリーグと称するチームだけでもやたらと多い。 これでは、ワールドカップに出場する選手どうしが違うチームに所属し、互いに競技を行う場面があっても不思議では無い。 とは言うものの、雨後の竹の子のごとく乱立する日本国内の弱小チームである。
弱いチームの中では それなりの力量を持った選手でも、所詮は弱いチームの中では強いということであろう。
所詮は、世界で通用するほどの力量を持っている選手では無い(?) のではないのか??!!
高校野球でも、弱い県の中では1番の学校であろうが、全国大会ではすぐに負けるのと同じということか。
日本人は、アメリカに出稼ぎする野球選手が出ると 「おらが国さの大選手」 扱いで、あたかもアメリカの首を取ったかのごとき大騒ぎをする。 日本で大選手であるからには、世界でも通じる者と信じて疑わない。

かたや、世界の1番になった女子サッカーも男子サッカーと同様に日本各地にあるチームからのピックアップメンバーでサッカー日本女子代表「なでしこジャパン」が構成されるようだ。 しかし、やたらTVの話題になる男子サッカーの国内試合と違い、女子サッカーの国内試合はTVの話題にはならない。

男子サッカーの報道ばかりでは無く、女子サッカーも報道することが、話題性があると思うのだが...

関連過去記事
蹴球ワールドカップ
ソチオリンピック近し