昭和42年頃。登山に明け暮れた高校生活であった。

当時の東北の山、それも朝日連峰の縦断といえば、一度山中に入れば一週間は出てくることは無かった。
たまに人に会うと、御互いにこれから走破する道について情報交換をしながら、テントの中で一杯の親交を深めたものである。
まだ高価であったトランジスターラジオで、翌日以降の天気予報を確認しながら、行動予定を作成した。
そんな山行を重ねる中、翌日などに道端に打たれた雉 (所謂、ウンコ) を発見すると、昨日一緒に酒を交わしたあいつだな(?) などと思い出し、妙に懐かしさを覚えたものである。

そんな登山をしてはいたが、平地の移動はもっぱら国鉄を利用していた。
当時は、新幹線なぞ有るハズも無く、特急を利用できる身分でもない学生は、一週間は乗車できる均一周遊券ばかりに乗っていた。
均一周遊券で乗車できる急行と普通列車を乗り継ぎ、夜になると長距離電車のルートに出て寝る。 そして、途中で同じルートを逆行し、朝になれば前日に乗車した駅に降り立つという旅である。

食事と言えば、最寄の公園あたりで飯盒炊爨である。

そんな貧乏旅行を送った高校生活の最後に、楽な旅をしたいと思い立ち、実行したのが東北一週のヒッチハイク旅行である。

けなげな貧乏高校生は、あふれる同情の中で色々な車に簡単に乗せてくれるであろうという淡い期待は見事にハズレであった。
殆どの車は、ヒッチハイカーなどは目にも留めてくれず、ただ行き過ぎる。
当然であろう。
出立した時は、登山用のキャラバン・シューズであったものが、蒸れを防止するために 「農作業用の草鞋状のサンダル」 に変わった。
パンツ等の代えが底を突き、洗濯の時間が無いため海水パンツに変わった。
フロに入る時間も金も無く、海水パンツのまま川で行水していた。
そんな格好で、ただひたすらに歩く日々であった。
浮浪児状態になれば、ますます乗せてやろうなどと思う車は減る一方であった。

そんな中でも、長距離のトラック・ドライバーは止まってくれることがあった。
そして、向かう方角が合えば、気持ち良く乗せてくれた。
また、乗せてくれた人の多くは、食事まで奢ってくれた。

 特に記憶しているのは、夕方に乗せてくれた秋田県大館市の電気屋さんが、自宅に泊めてくださったことである。
汚らしい風体の小僧に入浴させてくれ、一泊2食付きの御接待をしてくださった。

以前のTVで 「田舎に泊まろう」 という番組があったが、人情というものは嬉しいものである。

おいらが 「他人様を親切にしたい」 と思う気持ちは、この時の体験からでているものであると考える。
所持金3千円の旅行ではあったが、7日で完了できた東北一週ヒッチハイクである。