昭和35年頃 初めて乗った自転車は、いわゆる 「実用車」 と呼ばれる物であった。
東京では、茅場町あたりの証券マンが未だに利用している。
当時は、自転車と言えば殆どが実用車であり、自動車が高価で マイ・カー等というものを所有できるのは金持ちと呼ばれる人達であったころの 庶民の足であった。

その自転車ですら、一家に1台というわけにはいかず、町内に数台という時代であった。
幸い我が家は自転車を所有しており、もっぱら親父の通勤用であった。

小学校高学年になった頃、格好良く自転車に乗ることを夢見て、親父の指導の下に自転車に乗る練習を始めた。
実用車に子供が乗る場合、足が届かないため、三角乗りというスタイルでペダルを漕ぐのである。
自転車の脇にぶら下がるようにして 三角形の部分に片足を突っ込んでペダルを漕ぐ姿は 当然バランスが悪く、乗れるようになるまでは半ズボンから剥き出しの足を血だらけにして稽古したものである。

そんな中で、乗れるようになった時の嬉しさは大変なものであった。
中学生になった頃は、生まれたときから自転車に乗っていたような顔をして地域を走り回ったものである。

中学の卒業記念に、どこかを旅行しようという話が持ち上がり、おいらの提案で八幡平に行くことになった。
昭和39年頃の秋田市内は、それなりにアスファルト舗装がされており、これから走破する道路もアスファルト舗装がされているものと思い込んでいた。
しかし、いざ自転車旅行を始めて判ったことは、殆どが泥濘の道路であることだった。
たまに舗装されていても、それは砂利舗装であり、自転車を楽しく走らせる状況とはほど遠いものであった。
目的地の八幡平は?といえば、なんだ坂!こんな坂!状態であった。

それでも目的地にたどり着き、後生掛温泉までの山道を登りきって疲れきった尻を湯に浸したときは、まさに天国。
ちなみに、秋田市から後生掛温泉を2日間で走破