デジカメが出現する以前はフィルム写真だった。
数十年前の写真は、随分と色褪せていた。
ラップ付のアルバムではさほどでは無いが、直接空気に触れるタイプのアルバムでは、白黒なのか??カラーなのか??すらわからない程だ。
そのネガたるや、あれから写真を復刻しても大した物にはならないだろうと思われる。

一方、デジカメ写真では退色が感じられない。
家庭用プリンターが印刷した物でも、遜色が無い。
これは、単に時代の歴史だけのことなのだろうか??

話は飛ぶが、フィルム写真のネガ。
全て保管していたつもりだったが、引っ越しのドサクサで半数程が行方不明である。

どうせ復刻しても大したことはないとは思うものの、何となく残念である。

これからの撮影場面ではデジカメを用いるだろうから、保存に悩むことは無いのだろうか(?)
しかし、ファインダーを覗いて撮影することのほうが好きな吾輩としては、フィルム写真に後髪を引かれる。

良い保管方法を模索してみよう