また山中温泉に来た、
昨年の10/26に一泊旅行で病み付きになって以来、これで4回目になる。
初回はわけもわからず一泊としたが、以降は2泊と決めている。

この時期の北陸では、「蟹が..」という価格設定が多いが、あんな面倒な物には関心が無い我が家では蟹の付く料理は不要。
また、品数が多くても食べきれない。
それでも、夕食には11品が並び、朝夕食とも部屋食で約1時間の貸切風呂が利用できるコースで、1人1万円コースがお気に入りである。
また、山中温泉の湯は角質化した皮膚がポロポロと取れるし、柔らかい湯質なのでお気に入りである
こんなにも良い温泉に、仕事をしている頃なら通勤時間にも届かない時間で行けるのだから申し分ない。

自宅からJR駅までタクシーで5分、そこから普通列車で40分ほどで最寄りの加賀温泉駅に着く。
天候に恵まれ、車窓からは雪の残る白山が綺麗に望める。
無料送迎バスで、すっかりと田植え支度が整った田んぼや、散り残りの桜を見ているうちにホテルに到着。
約1時間の道のりだ。

4/28には森光子記念館がオープンするとのことで混雑を覚悟していたが、予想外に空いている温泉街を散歩。

夕方貸切風呂に入った時、左目より出血した。
糖尿病とは怖い物であることを改めて感じる。
たいして熱い湯でもなく、長湯したわけでもないのだが、血圧が上がったのだろう。