思い起こせば昨年の今日は、東京を立って野々市に着いた日だ。
やっと野々市の四季を一巡し、こういう場所であることが実感している。
気候風土や人間性。
色々と違いを感じるものの、いわゆる住めば都である。
東北の秋田で生まれ、人生の大半を横浜で過ごした。
転居することを知った者達からは「どうして北陸へ??!!」との質問だらけだった。
確かに知らない土地に移り住むことは不安を覚える人が多いのかも知れない。
しかし、根無し草のような感覚で暮らす吾輩にとっては、どこで暮らすかは問題ではなかった。

大震災にあった人達で、未だに故郷に住むことに拘る人達が多いようだ。
その感覚を論じるつもりはサラサラ無いが..野々市市は良いところだよ
関連過去記事
大宮暮らし-3年前
2年前の今日は
44年が過ぎる