11/7から山中温泉に行ってきた。
2週間前に宿投したホテルの御湯と、温泉街の雰囲気が気に入った為、連続して行くことにしたわけである。
11/7
天気予報が珍しく的中してしまい、あいにくの空模様となった。
到着し、山中座の踊りを見物したいと思ったが、休日しか踊らないとのことで、断念する。
それならばということで「ゆげ街道」の散策に出かけた途端、雷まじりの大雨となり、方法の体でホテルに戻ってしまった。
「ゆげ街道」と称するメインストリートの電線類地中化は未だに工事中である。

11/8
2日間乗り放題の「お散歩号」と称する温泉内巡回バスに乗り、「道の駅 山中温泉ゆけむり健康村」を覗いてみた。
健康村は、日帰り旅行には適当かもしれないが、ホテルで温泉三昧の者にとっては..
道の駅は品揃えに納得できず、とっとと引き上げた。
山中座は踊りの無い平日でも見学できるとのことで、覗いてみる。

昨日(水)は定休日であった芭蕉館を覗いてみた。
入館料が100円であり、あまり期待してはいなかったが、すばらしい展示物であった。
蔵元を発見
松浦酒造

11/9
ホテルをチェックアウト直前に、あやとり橋に行く。
左岸(南側)より右岸(北側)に向って下り勾配になっている。
過日訪れたこおろぎ橋が古めいた建築物で有るのに対し、こちらは新しい。
好み次第であろうが、川面よりも高い位置に設置されたあやとり橋の方が景観が良い。
鶴仙渓に下れば、橋下を見られるが、爺は遠慮した。

帰宅後
-眼鏡ができた。
良い具合
-蓄熱暖房機を通電した。