後数時間で、入社して44年が経つ。

50歳のときには自主退職してIT起業することをめざしたが、会社に慰留され思いとどまった。
それ以来はズルズルと御勤めし、60歳を過ぎた。

60歳からは国民年金を受給することができる。
しかし、65歳まで保険金を納めると国民年金の支給額が増加する。
この65歳というラインが、現行の法律では保険金を44年間納めることで引き下げられる。
いわゆる、44年特例という仕掛けだ。

この44年特例の適用を受けんが為、アパートでの単身暮らしで半年を過ごした。 過去記事:大宮退去

もうじき、晴れて44年特例の対象者になる