復唱 (ふくしょう) というものを、知らない人も多いかもしれない。
言葉を伝達する際、間違いなく伝えられたらかを相互に確認するために、同じ言葉を言い返す行為を指す。

ユースホステルで (昔) ミーティングの後で行われる交流ゲーム 『熊さんが出た!』
では、最初の者が発した言葉が順番に伝えられて、最後の者にはどんな言葉で伝えられたか?を楽しむものだ。
その伝わり方のいい加減さは、笑ってしまう。

ゲームなら笑って済ますが、日常世界では困ったことになる。
非常時であれば、とんでもない要因になりかねない。

自衛隊などでは 復唱することが励行されている。

復唱を行い、自分の言葉が間違いなく伝わったか確認する習慣を持とう。

さらに良い確認手段は、3回のどっちボール。

関連過去記事:伝わらない言葉