1932年 (昭和7年) 12月16日、東京は日本橋にあった「白木屋デパート」での火災が発生した。

これは、日本で初の高層建築物火災であり、当時の梯子消防車では高さが足りなかったため、救助に苦慮した。
そのため、道路の向かい側から綱渡りのごとくロープを渡して、これにぶら下がって渡るという非難方法がとられた。

当時の女性は和服姿が多く、現代で言うパンツの類を着用していなかった。
そのため、両手でロープにぶら下がった際、和服の裾が乱れることを気に掛けて手を離したために落下して死亡に至ったケースもあったとのことである。 当時、警視庁消防部(現在の東京消防庁の前身)に消防車の運転手として勤務していた親父が、日本橋消防署の望楼当番であった為、この火災の写真を撮影していた。

それが引き金であったのかは不明確であるが、その頃からパンツや、ズロースを履く習慣がはじまったというのが通説である。

そうはいうものの
俺が上京したころの芸者さん達は、パンツのラインが着物に写ることを嫌い、着用する人は皆無であった。

現代の女性は、そんなことは気にも掛けず、ジーンズからパンツをはみ出し、尻まで見せる(あれは断じて見えるのではなく、見せている)姿で衆目の中を闊歩する。