AKB48とかの女性グループの音楽を聞いていて、改めて思う。
コンピューター合成されたような声が多い。

かれこれ30年以上前になるだろうか。 イエロー・マジック・オーケストラなるグループがシンセサイザーとコンピューターを利用した音楽を発表し、一世を風靡したことがあるが、あの音楽を人間の声を用いてアレンジしているのだろうか。

聞いていると、アンドロイドというか..およそ人間離れした声である。

そのせいなのか、世の中の標準的な女子が発する声も甲高く騒がしいのが流行のようだ。
ドラマ等を見ていても、やたらと騒がしく自己主張することが主流のようだ。

けたたましく大声で話さなくとも、会話はできると思うのだが..