前・民主党政権からのことだが、現・自民党政権になってからも、NHK等による「尖閣諸島周辺での領海侵犯・領空侵犯に関する報道」が頻繁に行われている。

侵犯がなされていることは事実であろう。
これに係る海上保安庁の任務遂行については、一歩誤れば戦闘勃発への引き金にも成り得ることであり、御苦労なことと感じ入る。
しかし、こうも頻繁に侵犯に関する報道を聞かされても日本国民(庶民)としては如何ともしがたい。

そもそも日本国における報道姿勢は、庶民の立場としては不透明な内容であることが多い。

古くは、ラジオ放送による'大本営発表で虚飾的な公式発表がなされ、最近では福島原発事故の際は事実を知らされなかったという現実がある。
都合の悪い事実が有っても報道せず、別の話題を報道することにより報道時間枠を潰してしまう方法も見受けられる。
偏向報道とは異なるが、無意味な内容を執拗に流す場合も見受ける。

いずれの方法であろうが、庶民は事実を知る機会を与えられていない。

侵犯報道については、頻繁に流すは何なのか :-o と疑いを感じる。
「こんなに侵犯行為を行われている」ということを庶民に意識付けすることで、これから行おうとしていることを正当化しようとでもしているのだろうか...

「北朝鮮が人工衛星と称する実質的なミサイルを発射」と言うが、日本の場合は情報収集衛星と報道される。
報道姿勢の矛盾を覚える。

今行われている報道とは、何を伝えようとしているのだろうか