金沢というか、石川県では「じわもん」という言葉を耳にする。
マーケット等で、「じわもんを食べましょう」という広告を目にする。
北陸最大級の通販サイトと自称する金沢楽座でも、「じわもん」を取り扱っている。

「じわもん」とは、地場物(じばもの)が変化した言葉であろう。

東京圏での生活が長かった者にとっては、石川県の「じわもん」は美味しいとは思えない。

石川県民は、「生ものが美味しいでしょう」と自慢するが、鮪(まぐろ)が獲れない土地だから鰤(ぶり)を獲っているとしか思えない。
その鰤も、富山県では立派な鰤が獲れるが、石川県では鰤になる前の「がんどう鰤」と称する物がメインである。

生ものは、魚醤(いしる)で食べることが多いようだ。
醤油を作ることができなかった石川県では魚醤を用いるしか方法が無かったのではないだろうか?!
たまに用いるのは舌が変わって美味しく感じるかも知れないが、毎日用いるのは食傷気味になる。

加賀100万石の封鎖された世界で独自の文化圏となった石川県で、「じわもん」を用いた料理が発達したことは判るが、北陸新幹線が乗り入れる時代を目前にして、いつまで「じわもん」の風土を保つことができるのだろうか!??

楽しみなことである。