花輪町に住んでいた頃だから、小学校1年の時だろう。

子供の手には大きすぎる親父の軍用ナイフを持ち出して、ドジラの実を飛ばす鉄砲を作っていた時、ナイフが滑り左手人差し指の第一関節付近を切ってしまった。
幸い骨にまでは至らなかったが、ブラブラとぶら下がった人差し指を手ぬぐいでグルグル巻きされ、すぐに志張温泉に連れて行かれた。

その御湯につかる事1週間程度で、ブラブラの指は見事に引っ付き、傷痕が残るものの未だにキーボードを叩いている。

志張温泉は、10年程(もっと前かも?)前に米代川の氾濫のため閉館されていたが、現在は志張温泉元湯という名称で再び営業されている。
立地の位置等の詳細は不明であるが、御湯は以前からの物のようだ。
御湯は販売されているようだ。

詳細は、志張温泉元湯ホームページ
こんな紹介記事もあった。


大きな地図で見る