無人飛行機を飛ばして戦争ができる時代だ。
遠く離れた場所から引き金を引くことにより戦争できることは、ゲームのそれと変わりが無い。
刀をもって切り殺すことや、弓矢を飛ばす近距離戦等の、自らの行為によりその場で死んで逝く人を見て 自らの行為の結果を知るのに比べれば、罪悪感は薄いのだろう。

空高く飛ぶ飛行機から原爆を投下する行為も、罪悪感を持たずに殺人が行える。
日本の戦国時代ではないが 「飛び道具とは卑怯なり」 とも思う。

死に逝く者の姿を見る事も無く、その苦しみも知ることができない戦争ゲームは止そう。


関連過去記事:剣闘士競技で決着を