地方の公共交通機関の頑張りに結果が出ることは、とても嬉しいことだ。

当地の野々市市内にも、金沢市から白山市を結ぶ北陸鉄道石川線が走っているが、営業成績は芳しく無いらしい。

マイカーで行ったほうが、時間も短く、利用者が勝手な時刻に動けるのだから、電車の利用者が少ないことは致し方ないのかもしれない。
しかし、コミュニティバス「のっティ」や、シャトルバス「のんキー」は、それなりの利用者があるようだ。
運転免許証を所持しない年よりや学生にとっては、重要な足である。

新幹線が走り、在来路線は第三セクター化される今後に向けて、貧乏な交通機関は気合を入れて頑張って欲しいものだ。
また、ジワモンが好きな石川県民にも考えて欲しいものだ。
お隣の福井県では頑張っています。