家を建てた後に、山は出来ない: 松つあん日記」を拝読した。
熊本県・菊池市による 「土砂災害防止」 の説明会にて、「...家を建ててから山が出来た訳ではありませんから・・・」 との説明がなされたとのことだ。 うまい言い訳をするもんだ

地方自治体としてのひとつの姿勢と、説明に当たる方針を垣間見るようだ。
法令に従い 「説明会を開催しました」 ということで、国に対しては言い訳が立つということだろうか。

当地の石川県七尾市にても、以前から自宅裏の急傾斜地での土砂崩壊防止措置を求めていた高齢の婦人が、
「私有地内の事は自分で..」 という回答を得た後、過日の豪雨により土砂崩壊が発生して死に至った。

国や地方自治体は色々と言うが、抜本的な解決策というもは何ら行えない。
生き残るためには、住民自身で工夫しなければならないということだろうか。