1. ハアー忘れしゃんすなー 山中道を 東ゃ松山 西ゃ薬師
  2. ハアー送りましょうか送られましょうか せめて二天の橋までも
  3. ハアー山が高うて山中見えぬ 山中恋し山にくや
  4. ハアー谷にゃ水音峰には嵐 あいの山中湯のにおい
  5. ハアー薬師山から湯座屋を見れば 獅子が髪結うて身をやつす
  6. ハアー薬師山から清水を見れば 獅子が水汲むほどのよさ
  7. ハアー桂清水で手拭きひろた これも山中湯の流れ
  8. ハアー桂地蔵さんにわしゃ恥ずかしい 別れ涙の顔見せた
  9. ハアーお前見染めた去年の五月  五月菖蒲(しょうぶ)の湯の中で
  10. ハアー飛んで行きたやこおろぎの茶屋 恋のかけ橋二人連れ
  11. ハアー谷にゃ水音峰には嵐 あいの山中湯の匂い
  12. ハアー浴衣肩にかけ戸板にもたれ 足でろの字をかくわいな
  13. ハアー山が赤なる木の葉が落ちる やがて船頭衆がござるやら
  14. ハアー笠を忘れて二天の橋で 西が曇れば思い出す
  15. ハアー恋のしがらみかわいやおつる  泣いて別れた二天橋