これから山中温泉へ出立。
昨年(11/06~11/07) より少し早いが、今年は寒さが早いので もう良いだろうと踏んだ。

毎度々の山中温泉だが、なぜか飽きない。
儂的には、旅先で観光をするということは、以前より どうでも良かった。
実物を見ても、テレビや雑誌で見ても、感動することに変りは無いだろうという感じだ。
自分の足で行くのであれば、タイミング的にも、それに掛かる時間からも、色々な制約がある。
しかし、旅や写真の専門家が、それまでの経験の中から最適な条件で撮影した物は、素人が思いつきで行った風景とはまるで違う景色である。 アチコチに旅して体験することも悪くは無いが、苦労の割には中身が無いと思う。

むしろ、定点観測で同じ場所に行き、地元の人に触れ、景色の変化を知ることのほうが楽しい。
同じ宿に泊まれば、部屋係の人とも親しくなり 1回だけの客では話題にならないような事を聞くことができる。
しょっちゅう御世話になる民宿の感覚に近いのかも知れない。

女将も同様の感覚らしく、「今度はどこに行きたい」 かを訊ねても、特別の注文が無い。
ある意味では張り合いが無いとも言える。
しかし、日本全国どこに行っても ことさらの名物料理も無くなった今では そこに行かなければ食べられないという料理も無く、土産物を買うだけであれば旅先に悩むこともないだろう。

夫婦共に飛行機嫌いなので、海外に行こうという話題も出ない。 聞いた事も無い感染症を貰うのは嫌だもの。
あれこそは テレビで充分というのが一致した意見だ。
もしも間違って海外旅行をするとしたなら、オーロラを見ることだろうか。 片道切符の宇宙旅行もよろしいかも。

当地石川県に住んでからは、交通が不便なこともあり、石川県が珍しいこともあって、どこかに出かける気になれない。 結局は、住み出して4年程の中で1番気に入った山中温泉に行くことになっている。
鎌倉住まいの頃は熱海温泉が定宿だったが、山中温泉も熱海同様に観光地的な雰囲気があるので、遊ぶのに不自由しない。 なによりも、温泉の質が我々夫婦には合うようだ。

来年春に北陸新幹線が開通したなら、長野県を旅してみようとも思うこの頃である。 たぶん、思うだけだろうが..
能登半島を探索したいのだが、マイカーでなければ交通が不便なので考えてしまうんだね~