ブログ、掲示板、facebook、Twitter、等など。

最近のネットの世界では自らホームページを立ち上げなくても、自己表現というか...交流する為のツールが多い。
それぞれを楽しむにあたり、我輩なりの利用の仕方を考えてみた。
機能は類似しているが、それぞれに趣が異なるようだ。

ブログ
コメント機能があるものの、基本的には、自分の考えや日記等の、自己表現を行うためのツールであろう。
コメントが付いても付かなくても、ブログの管理人が一方的に発言するツールである。


掲示板
基本的に、掲示板の管理人の発言を元に世間の見方を話す場所だろう。
しかし、管理人以外の者の発言を元に、管理人を含む世間の見方を話す場所である場面も多い。
開かれたテーマを複数の者が双方向に発言するツールである。


facebookTwitter
ブログや掲示板との差は、伝搬力の速さだろう。
わざわざ閲覧に出向かずとも書かれたことを知らせてくれる機能がある。
最近のブログでも類似した機能を有するが、やはり餅は餅屋だろう。
Twitterは、管理人が一方的に発言するブログ的な使い方
facebookは、しゃべり場的な掲示板の使い方
という印象を持っている。


我輩の文書表現は 「独善的である」 と或る人から指摘されたことがある。
我輩自身も そう思うところがあり、ブログへの書き込みが好みだ。
しかしそう言うものの、世間に教えを斯いたい場合等は、やはり掲示板が良いな~と思っている。
結局のところ、独り言はブログ、話し相手が欲しい時は掲示板を利用するということにしている。
facebookはシェアしたい場合に用いることにしているのだが、livedoorブログには類似機能が有る為、敢えて必要としなくなってきた。
Twitterは1行掲示板代わりというところで、殆ど不要であるが、フォロー相手の情報収集用と言ったところか。

最近のfacebookを見ていると 「facebookを 仲間内の掲示板代わり」 という使い方をしているケースを見受ける。
使い方は個人の勝手なわけだが.....仲間内の砕けた話題を世界中に知らしめているかと思えば、そんな話題は身内のホームページなりでやれば...と考える。