寝たきり原因1位「脳卒中」 藤田保健衛生大学・八谷寛教授に聞く - 産経ニュース」の紹介によれば
 『終活読本ソナエ』2014年秋号で、「生活習慣病などが脳卒中発症に与える影響を分かりやすく計算できるように、約1万5千人を約14年間追跡調査し、10年間の脳卒中発症確率の予測モデルをつくりました。結果をみて生活習慣の改善に役立ててもらえればと思います。」
とのこと。

終活読本ソナエ』という図書名は初耳だが、"日本初の終活専門誌" ということで、年に4回発行する季刊誌。