9月30日 10月4日に行われる「焼山トレッキング・紅葉路を歩く」の下見に行ってきました。 - 八幡平の自然 ~アスピーテ日誌~」を拝読した。
このブログは、一般財団法人 自然公園財団八幡平ビジターセンタースタッフが書いている。
八幡平ビジターセンターは、後生掛温泉に近い大沼の傍に在り、近隣の自然保護に尽力されるとともに自然に触れ合えるようなイベントを開催している様子だ。 なお、「松尾八幡平ビジターセンター 」という類似する名称が存在するが、組織は異なる。

先の記事で、秋田焼山を散策されたことが紹介されている。
焼山は、後生掛温泉と玉川温泉の登山道に位置する活火山であり、秋田在住の頃には歩きまわっていた場所である。 懐かしいので、当該記事をホールドする意味でトラックバックさせていただく。
WikiPedia:秋田焼山より抜粋引用
焼山山頂付近は硫気変質が著しく、山頂火口や山麓に多くの温泉がある。 東側には後生掛温泉、西側には玉川温泉があり、焼山登山への出発点・終着点となっている。 後生掛温泉と玉川温泉の間にはバスが運行されており、縦走登山の際に利用をすることができる。 火山性ガスによる登山者の事故が起きており、登山道以外の立ち入りは禁止されている。
伝説
奥州征伐に来た坂上田村麻呂は、蝦夷の大将である大猛丸を八幡平で討ち取った。 しかし、登鬼盛という武将は難を逃れ、鬼ヶ城に立てこもり、決戦を迎えた。 カルデラの中に突き出た溶岩ドームは、周囲を急斜面で囲われ、その頂きに立てばどんな方向から攻められても優位に立てる。 しかし力及ばず、登鬼盛も討ち取られてしまったと言われている。 史実では、坂上田村麻呂はこの地には到達していない。





関連過去記事
懐かしの秋田焼山
八幡平山頂の日の出
八幡平ビジターセンター
==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==
追記:2014/12/19
十和田八幡平 『のんびり探検隊2』:活火山・秋田焼山