WikiPedia:成年後見制度より抜粋引用
成年後見制度あるいは成年後見とは、広義にはその意思能力にある継続的な衰えが認められる場合に、その衰えを補い、その者を法律的に支援するための制度をいう。 これには民法に基づく法定後見任意後見契約に関する法律に基づく任意後見 とがある(広義の成年後見制度には任意後見を含む)。
狭義には法定後見のみを指す。
法定後見は民法の規定に従い、意思能力が十分でない者の行為能力を制限し(代理権の付与のみが行われている補助の場合を除く)、その者を保護するとともに取引の円滑を図る制度をいう。
==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==
債務一本化という名の詐欺 3 悪徳弁護士を紹介する
弁護士法
(非弁護士との提携の禁止)
第27条  弁護士は、第72乃至第74条の規定に違反する者から事件の周旋を受け、又はこれらの者に自己の名義を利用させてはならない。
(非弁護士の法律事務の取扱い等の禁止)
第72条  弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、異議申立て、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の 法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は 他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。
(非弁護士の虚偽標示等の禁止)
第74条  弁護士又は弁護士法人でない者は、弁護士又は法律事務所の標示又は記載をしてはならない。
2  弁護士又は弁護士法人でない者は、利益を得る目的で、法律相談その他法律事務を取り扱う旨の標示又は記載をしてはならない。
3  弁護士法人でない者は、その名称中に弁護士法人又はこれに類似する名称を用いてはならない。
特殊詐欺(振り込め詐欺) としての犯人が 「弁護士を紹介する」 と言えば、それだけで犯罪になるということだ。

関連過去記事
『高額療養費制度』を学ぶ
「墓じまい」 学
旅先での死 - 遺体搬送