路面電車を利用している街には人情を感じる。 ※日本の路面電車一覧
就職のため上京した昭和43年には、東京都内でも都電が走っていた。
乗り換えても料金の割引があったので、都内の中心部(7区) の探検には都電を利用していた。

退職に先立ち、都電荒川線に乗車してみたが、乗り降りに際しての階段の昇降のしやすさは快適であった。
また、次の駅が見えるような まさに足代わりの利用しやすさは嬉しい。
電車を降りたら、目の前の居酒屋でチョット一杯ひっかけたくなるような、わが町の電車ちゃんという感覚が良い。


富山県には、富山地方鉄道の富山市内軌道線と富山ライトレール富山港線が現在も走っている。
特に富山ライトレール富山港線は、車体のスマートな事などから テレビの旅番組でも取り上げられることが多い。


福井県にも、福井鉄道の福武線が走っている。


しかし、北陸最大を自惚れる石川県には、路面電車が無い。
金沢市などを以前は走っていた北陸鉄道(金沢市内線金石線松金線)の廃線は惜しまれる。
「金沢市 ⇒ 野々市市 ⇒ 白山市」 を走る北陸鉄道石川線は、古くは加賀一の宮駅まで走行し白山比咩神社に詣でる最寄り路線であったとのことだが、駅を中心として町が開けないという北陸地方の風土からか(?) 衰退しているようだ。
いわゆる "電車" として運用しなくても、"路面電車" として走らせることで、近隣住民の足になれば公共交通機関の生き残る道があるのではないだろうか。
北陸新幹線の開通に併せて路面電車(ライトレール) を復活させることは、地元住民のみらず観光客にとっても利便性が高いのではないだろうか。


環状交差点」など 車両の新しい運行形態を実験するよりも、人間に寄り添った交通システムを実験して欲しい。
日本人は新しい物には飛びつきたがり、同時に古い物を壊滅的に破壊する。
そして、破壊した後になって、その行為を反省する。
路面電車の復活を切に願う。 自動車がすべてではないだろう。

関連過去記事:

地元の鉄道を利用しよう
「環状交差点」考