昨日の全国ニュースでは、東京で雪が降るとか降らんとかで騒いでいたが、結局のところは、空振りだったようだ。
降雪時の交通の乱れ等に備え、八王子あたりで張り番したマスコミのレポーターはご苦労さんである。

明けて本日は、
首都直下地震、死者2万3千人想定 M8なら7万人:朝日新聞デジタル
という発表があったが、ホントかいなというところだ。
人口 1億3千万人を上回る世界の大都市東京と、その周辺地域で、この程度の人的被害で済むハズが無いと思うのだが、どうなのか??  そこんところを疑ってみても、起こってみなければ判るまい。
小規模な被害予測に基づいて予防措置を行うことなかれ...と考える。

まあ、たかが知れた予防措置も大事かも知れないが、首都圏機能を移転させることを急ぐべきではないのか
また、影の政府を設けるべきた。
新幹線等の交通網を、太平洋側からだけでは無く、日本海側からも二重ルート化すべきた。 etc.
頭と心臓が機能しなくなれば、末端組織が生きていたってどうもならん。
いっそのこと、日本国を分けて、合衆国制にでもするか

マスコミは、猪瀬東京都知事のことで騒いでみせて、肝心のポイントには突っ込まない...まあ、いいか