毎年の1月2日に、秋田県鹿角市八幡平【小豆沢(あずきざわ)に鎮座する大日霊貴(おおひるめむち)神社】(地元通称:大日堂)で行う祭典に伝わる大日堂舞楽(だいにちどうぶがく)の奉納が近づいた。

大日堂舞楽は、1975年(昭和50年)には国の重要無形民俗文化財の指定を受け、2009年(平成21年)にユネスコの無形文化遺産に登録されている。



舞楽の由来等、不明なことが多いらしいが最近ではすっかり有名になり、不心得者のカメラマンが多く地元の子供達を押しのけて撮影するようになったとか。


「colocal コロカル」ローカルを学ぶ・暮らす・旅する

  1. 大日堂舞楽 前編
  2. 大日堂舞楽 後編

「大日堂舞楽」 - 「伝統は生きている」「GLNからこんにちは」