この記事を読んで、考えさせられる。
我輩は、友人と思える人は、ほんの数人だ。
ネットで知り合った人を友人と呼べる人達を羨ましく思わないことも無いが、そのような人が果たして友人なのだろうか??
友人とは何か!??
という大命題があるので、何とも言い難い...

WikiPedia:友情を眺めても、あまりしっくりとはしないが、一つの定義としては なるほど というところか。

20代の人達は 「知らない人と口をきいてはいけない」 と教えられたのではないだろうか??

我輩の年代は 「一期一会」 ではないが、知らない人でも 顔見知りと教えられた。
「顔見知り」 と 「友人」とは異なるであろうが、疑って掛かるのは生い立ちと年代の成せることか..
それとも、我輩だけのことか...