最近の高齢者は健康維持に対する意識が高く、お散歩やウォーキングを趣味とする人が多いようだ。
また、徒歩や車を利用して買い物に出かける人も多い。
これらの元気な高齢者に限って、携帯電話を所持していない。

自分自身では ちょっとソコ迄という気持ちであっても、歩く場合や車を運転する場合には 予期せぬ出来事が多い。 元気なつもりは、自分だけ~という状態と言えるだろう。 道路を逆走するような者は、論外だ。
捻挫しようが骨折しようが、はたまた大地震に遭遇しようが、公衆電話が少なくなった現在では連絡のしようが無い。
最近では、ブッ倒れていても誰も助けてくれないと思って、自分で何とかする対策が必要なのではないだろうか

我々夫婦は、どこに行く場合でも それぞれの携帯を所持して出かける。 タクシーを呼ぶ場合にも必要だ。
docomo FOMA を用いているが、月額2千円程度で済むし、地震の情報もわかる。 家族間の通話は無料也。
行方不明になった場合でも、GPSの検知設定をしておけば大よそながら居場所を探してもらえる。

関連過去記事
安否の情報を知りたい
お別れ公衆電話
「助けて電話」が欲しい
運転免許の自主返納完了
携帯電話に課税!?