WikiPedia:風刺より抜粋引用
風刺(ふうし、諷刺とも)とは、 多くの場合、変化を誘発あるいは阻止する意図をもって、主題(人物、組織、国家など)の愚かしさを暴きだし嘲弄する、文章・絵画・劇・映像等さまざまな文化的領域で使われる表現技法である。ケルト人の社会において、吟遊詩人の風刺は呪いと同様の物理的な効果をもたらしえると考えられていた。
WikiPedia:パロディより抜粋引用
パロディ(英語: parody、ギリシア語: παρωδια)は、現代の慣用においては他の芸術作品を揶揄や風刺、批判する目的を持って模倣した作品、あるいはその手法のことを指す。
WikiPedia:ユーモアより抜粋引用
ユーモア(英: humour、独: humor:フモーア)は、会話や文章において相手を笑わせる事を意図する人間の気質や、具体的な言葉や行動においての表れをさす。
WikiPedia:エスプリより抜粋引用
エスプリは、フランス語のesprit の音写。 精神、知性、才気などの意味の他、霊魂などの意味もある。心のはたらき。物質 matiere (マチエール)と対比される。マチエールと違って「エスプリ」と日本語で使用するときは「フランス的精神」といった風にフランス人の国民性を反映した精神をさす用例が多い

はじめに喧嘩を売ったのはフランスの新聞社である。 それを味方することで、国家としてのフランスも、そしてフランスを支援する意向を示した各国も この喧嘩に巻き込まれた。
主義主張はどうであれ、火種となったフランスの新聞社は、この1件で大儲けだろう。 世の中は馬鹿げている。
「冗談だよ」 と言いながら殴ったら、「本当に冗談だよ」 と思いっきり殴り返された