最近のテレビでは発言者やアナウンサーの言葉(音声)をテロップとして文字を流すことが多い。
音声を聞き損なってもテロップを見ていれば判るので、便利であると思う。

しかし、漢字で表示するべきと思うような用語を平仮名(ひらがな) テロップで表示する事を多く見る。
平仮名テロップで表示するのはアナウンサーや庶民の発言をテロップ化した場面に多く、政治家の発言は "振り仮名(ふりがな)" を付けてまで漢字テロップで表示するようだ。 片仮名(カタカナ) / 仮名(かな)

漢字を音として捉えるのが庶民にも理解しやすいとの考えで、平仮名テロップを流すのだろうか
であれば、平仮名テロップを流したところで、その音声の意味する内容を庶民は理解していないだろう。
漢字で意味が解らない者は、平仮名にしたところで意味が解るハズが無い。
漢字は漢字であるからこそ意味があるのであり、平仮名テロップの示す音に意味は汲み取れない。

政治家の発言には振り仮名を付けてまで漢字テロップで表示するのは、漢字そのものに意味が有る内容を示そうとしているのではないだろうか  同じ音の言葉であっても、漢字で表せば意味が異なっている。
発言者やアナウンサーの言葉であっても、テロップを流す場合は漢字として表して欲しいものだ。
それとも、テロップを作成する者が漢字を知らない(?) といった事情でもあるのだろうか

漢字廃止論があるが、それならばいっそのこと国語としては 日本語を止めて英語にするのも良いのかもしれない。
関連過去記事:専門用語は止そう