終末期医療のあり方が、「ホスピス」 と呼ばれる緩和ケアにより、「延命こそが重要」から変わっているとのことだ。
厚生労働省では緩和ケア病棟の入院患者 (診療対象) を 「がん」 と 「エイズ」 と原則定め 聖隷三方原病院(浜松市) ・ 淀川キリスト教病院(大阪市) に開設されたが、緩和ケア病棟以外でも、厚生労働省から認可を受けた緩和ケアチームを配置した病院であれば、一般病棟でも緩和ケアを受けられる。 WikiPedia:緩和医療
自宅での訪問診療や訪問看護による在宅緩和ケア、あるいは通院によるケアを受けることもできる。
国立がん研究センターをはじめ、全国各地の国公立病院にホスピス開設の動きが広がっている。
入院費は健康保険が適用され、高額医療制度も受けられる。
設置基準で病室の半数は無差額でなければならないと定められている。
関連過去記事
延命治療の意思表示
尊厳死 vs 自殺
死に方
余命告知を受ける事
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
健康を気遣いながら、ある日突然ボケて、生き恥をさらして社会の迷惑者と見られながら生きるよりは、自ら美しく死ぬのも悪くは無い。 しかし、それは尊厳死と同様に、馬鹿げた行為だ。
臆病者の儂の目から見ても、恐怖を覚えない死に方は多い。 他人様の迷惑とならない死に方も多い...