坂本龍馬(竜馬) は、幕末に活躍した志士である。
暗殺されなかったら、明治政府でそれなりの地位を占められたとの見方もあるとのことだ。

一般的に知られている坂本龍馬像は、司馬遼太郎氏の小説 『竜馬がゆく』 に書かれた偶像とも聞く。
俺は、龍馬とかの明治維新という新しい歴史像には関心が薄く、小説なども読むことが少ない。
しかし、龍馬についてはドラマ化された作品が多く、テレビドラマを眺めて知ったようなつもりになっている。

最近では、NHK大河ドラマ 「龍馬伝」 を視聴した。
福山雅治氏が龍馬役を演じ、土佐弁で大声でやたらと騒ぎまくっているという印象であった。

ストーリーは置いても、やかましいだけの龍馬。 という印象で、途中から視聴することを止めてしまった。
それ以来、龍馬役を演じた福山雅治氏は見ないようにしていたのだが、NHKスペシャル 「ホットスポット 最後の楽園」 等を見るにつれ、彼が好男子であることが判ってきた。

"坊主憎けりゃ袈裟まで" ではないが、福山氏に好印象を持ったことで 坂本龍馬像を知りたくなってきたこの頃だ。