NHKの連続テレビ小説マッサン」が終わり、後続の「まれ」が明日から始まる。 ※NHK公式サイト

当地石川県のNHK金沢をはじめ、舞台となる能登(輪島市) は盛り上がっているようだ。珠洲市にも裾分けしよう。
北陸新幹線の開業に湧くと報道される金沢市よりも、能登半島のほうが観光地も多く、興味を引かれる史跡・祭りがあり、楽しそうだ。 しかし、能登での撮影は少なく、主人公の出生地である横浜市での撮影が多いらしい。
あらすじ:WikiPedia:まれより抜粋引用
パティシエの世界一を目指し都会にやってきたヒロイン・津村希(つむらまれ)が夢を諦め、育った故郷で小さなケーキ屋を開き、再び夢を取り戻していく物語で、石川県・能登地方の輪島市と横浜市を舞台に繰り広げられる


地元が望むような全国からの反響を得られるのか...
最近の朝ドラは20%以上の視聴率だが、不評(17.1%) だった「純と愛」程度のストーリーと推測するのだが...
主人公役(土屋太鳳) のブログ:たおのSparkling day


某テレビによれば、ゴールデンウィークに行きたい都道府県アンケートで、富山県は2位だが、石川県は枠外(5位以下) とのことだ。 兼六園しか見るものの無いJR金沢駅に来るよりは、富山駅下車のほうが良いということか。

北陸を観光するなら、秘境探訪的に能登を巡る旅をしたい人達が多いと見る。
とした場合、終着駅のJR金沢駅から能登に向かうコースは時間も旅費も無駄になる為、避けたい。
JR金沢駅から能登周遊観光バスのコースを増やすとか、県同士の垣根を越えて 富山の港から能登半島方面に向かう船旅コースとの連携を図らなければ、観光客の増加を目論んでも "取らぬ狸" で終わるだろう。

とは思うものの、能登半島を目指す観光客は能登空港に降りてレンタカー使用の方が効率的だろう。
羽田空港との1日2便の往復(計4便) が有るにも関わらず観光客が増えないということは、能登に魅力を覚える人が少ないのだろうか。 それとも、観光ルートや宿泊設備数の不備からくることだろうか。

それでも地元石川県では439億円の新幹線効果と試算しているとのことだ。
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

能登半島広域観光協会リンク
能登半島広域観光協会
能登の情報をチェック