NHKの 「ニュースウオッチ9」 が、2015年3月30日より一新された。
メインキャスターとして、男性は大越健介氏 ⇒ 河野憲治氏、女性は井上あさひ氏 ⇒ 鈴木奈穂子氏に替わった。
スポーツキャスターも廣瀬智美氏 ⇒ 佐々木彩氏に替わったが、気象キャスターだけは井田寛子 氏が続投だ。

大越MCは同番組を5年間続け、最近ではインタビューを担当すると、他に報道すべきニュースが散見していても当該インタビューを報ずる等、NHKのニュース報道の中心とも思われる同番組に相応しくないと見てきた。
同番組が民放のワイドショーにも劣るような内容を報ずることは、憤慨する事の元凶であった。

男性のMCが替わったといっても、あの会長が座している間に大変革できるとは思われないが、新MCには期待したい。 せめて、受信料を払う事に疑問を覚えないような番組内容にして欲しいものだ。
また、当該番組が一新して1週間を眺めていたが、新・河野MCの硬さが目につく。 新・鈴木MCは溶け込みが早く、新・佐々木NCは以前から居るような雰囲気の中で、あの硬さは男性なるが由なのだろうか。

ニュースウオッチ9」 ではメインキャスターがニュースを読む事は少なく、ナレーションで語る。
新しい男性ナレーターの声は、暗くドスが効いて好みではない。 やはりNHKの「超絶_凄ワザ!」なる番組での男性ナレーターの声も同様であり、更に騒々しい。

"ナレーターの声" なんて~ものは、各自の好みの問題であり四の五の言いたくは無いが、トーンが暗すぎる。
正に、暗いニュースに適していると言うことだろう。


ニュースウオッチ9以外にも、1時間おきのニュースが変わった。
報道項目を画面に出して、それに合わせて読む手法や、項目が変わるタイミングにチャイム音楽を入れる手法は、民法では廃れつつあるやり方なのではないだろうか。
項目が変わるタイミングに併せてニュースを読み上げるアナウンサーは、気配りが増えたのではないだろうか。

また、バックグラウンド雑音でも書いた通り、「自分のそばで起こっている事に起因する音なのか、テレビから流れている音なのかわからない」 チャイム音が増えることは喜ばしい事ではない。
バラエティ等で流れる お笑い芸人の歓声に負けないようなチャイム音よりはマシだろうが、アナウンサーの声に比べれば耳邪魔とも思える。 チャイム音でメリハリを付けずとも、アナウンサーの声で理解できるのだが...


国営放送とも揶揄されるNHKの真骨頂はニュース報道であると考える。
以前は独壇場であったドキュメント等にもNHKらしさが薄れる傾向が見え、受信料を惜しげも無く使っているにも関わらず民放にも劣る番組企画・内容が増えてきた中で、せめてニュースだけはまともに報じて欲しい。

受信料で成り立つNHKが視聴率を気に掛けながら 新番組の自社宣伝をすることはないだろう。
CMの作成技術や企画は 明らかに民放より劣っているにも関わらず、執拗に流すのでくどくて堪らない。