「香典辞退」とは考えたものだ。
香典返し」をしないことによるメリットは大きいだろう。
群馬県等では以前より「新生活運動」として、香典の金額は千円迄・香典返しは辞退する等の申し合わせがなされている。
WikiPedia:香典の意義より抜粋すると
香典は古くは「奠」の字を用いるのが一般的であったが、奠とは供え物の意味であり「香典(香奠)」とは、故人に対する供物であると共に、不意の事態に遭遇した故人の家族への支援の意味もある。
そのため、古くは農村部を中心に食料を送ってそれを僧侶や葬儀参加者の食事に宛てることが多かった。
また、穢れの思想が強かった時代に葬儀に携わる故人の親族が人々と接触して穢れを広めないようにするために故人の家族と親族の食料を予め用意しておくという配慮があったとも言われている。
WikiPedia:穢れ(けがれ)
仏教、神道における観念の一つで、不潔・不浄等、清浄ではない汚れて悪しき状態のことである。
香典を霊前に供えるという志に対して、それを辞退するということが如何なものか...意見の分かれることかもしれない。