もうじき、春の大型連休になる。
円安状態が続いているから、海外旅行に出かける人は少ないのだろうか。
それでもアベノミクスの恩恵に与かった人は、円相場なぞは気にすること無く出かけるのだろうか。
そんな人達の中でも早い人では、明日から休暇になるのかもしれない。 5日の休暇取得で、16連休になる。
4/25
4/26
4/27
4/28
4/29 昭和の日
4/30
5/01 (メーデー)
5/02
5/03 憲法記念日
5/04 みどりの日
5/05 こどもの日
5/06 振替休日
5/07
5/08
5/09
5/10

カレンターどおりでも、5日間の連続休暇になる。 しかし、この時期が稼ぎ時という職業は御苦労様ということだ。
北陸新幹線開通で観光客の増加を当て込んだJR金沢駅では、社員総出で対応するとのことだ。

国民の祝日に関する法律」 により "休日(主に祝祭日)が他の休日(日曜日、他の祝祭日など)と重なった場合、月曜日以降を休日にする制度となり、いわゆる振替休日による連休を楽しみにする人も多いだろう。

春の大型連休を "ゴールデンウィーク"、秋(9月)の大型連休を "シルバーウィーク" と呼ぶことがあるが、この用語は映画会社が作った物である為 NHK等では この呼び方をしないとのことだ。
WikiPedia:シルバーウィークより抜粋引用
日本の映画会社の大映によって1950年代前半に作成され、4月末から5月初めにおける大型連休の呼称 「ゴールデンウィーク」 と同様に、同社によって提唱されたものである。
同社は秋の文化の日を中心とした期間を 「シルバーウィーク」 と名付け宣伝を行った。
WikiPedia:ゴールデンウィークより抜粋引用
NHKや一部の民放・新聞などは、「ゴールデンウィーク」 という言葉が映画業界用語だったことから、業界の宣伝になることや年配者に分かりづらいという理由などで、単なる「(春の)大型連休」という表現で統一している。
なお、「ゴールデンウィーク」 という言葉は2004年に損害保険ジャパンが商標登録している。
ちなみに、"秋の大型連休" としては "10月末 - 11月頭の大型連休" 構想があったとのことだ。
その為、"秋の大型連休" ではなく、"9月の大型連休" という呼び方をする場合もある。

今年の休日配置をラッキーと見るか(?) は各家庭それぞれだろうが、毎日が休暇の人は相乗りしないようにしたい。
座席(指定席) だけは1人前に用いるが、歩かせれば半人前の者が、若者の邪魔しに出かけることはあるまい。