都会暮らしをしていると、クレジットカードは便利な物である。
仕事人ならば、予定外の接待や奢りの飲み会などで現金が薄い時には必需品とも言える。

しかし、クレジットカードにも銘柄(?) が多い。 気を付けなければ、カードだらけとなり、年会費もバカにならない。
VISAMasterCard等が大元の企業だが、○銀行 ・ ○会社用に個別にクレジットカードとして提供されている。
それ以外にもAmerican Expressは、単独のクレジットカードとして提供されている。 いずれも、外国企業だ。
JCBは、唯一日本企業によるクレジットカードであり、外国産よりは安心できると思うのは気のせいだろうか。

都会の生活では大変重宝なクレジットカードだが、田舎で暮らす場合や旅先では利用できる場面が少ない。
"Credit card" と綴れはあたかも恰好良いかもしれないが、所詮は "後払い、つけ払い" だ。
とは言うものの、借金のクレジットカードが利用できなくとも、先払い電子マネーも利用できない事に不便を感じる。 


田舎で暮らす場合や旅先で不便を感じる事に、銀行がある。
大都会なら都市銀行に口座を持ち、もっぱらそれを利用すれば済む。  ATMも大都市では多数設置されている。
しかし地方での都市銀行は、県庁所在地に1店舗が有るか無いかという普及状況である。 ATMも同様だ。
田舎町や旅先では、都市銀行なぞが在るハズが無い。

そんなことで、地方都市や田舎町では、地方銀行第二地方銀行に口座を持つ以外には無い。
旅先で急に大金が必要になっても、都市銀行利用者は現金を下ろす場所が無いということだ。
都市銀行利用者は、地方銀行でキャッシュカードを併用できるか(?) どうか(?) 次第で、現金を用意できる。
ちなみに、天下のゆうちょ銀行は、大都会での都市銀行ATMの設置数に比べて誠に少ない。地方都市でも少ない。
メインバンクをどこにするか(?) は、地方への転居を検討する場合は悩ましい課題である。
全国カードサービス / BANCS / MICS / 統一金融機関コード
俺が鎌倉 ⇒ 野々市に転居する際は、野々市の地方銀行に口座を設けた後、都市銀行から振り込んで現金を移動させるという方法をとった。 地方銀行に開設後は、不要となった都市銀行口座は、ボケた後に備えて閉鎖した。 銀行口座を閉鎖・開設する為には、名義人本人が窓口で手続きする必要があり、面倒だった記憶だ。

旅先で現金を必要とする場合に、最も身近に簡易に利用できるのはコンビニエンスストアだと考える。
旅先に限らず、田舎町でもゆうちょ銀行ATMよりは店舗数が多い。 また、殆どの銀行やクレジットが利用できる。
殆どの場合、手数料として百円程取られるが、ある意味では安いものだろう。
セブン銀行サークルKサンクスローソン 、FamilyMart
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
旅先にも数十万円を持参すれば、クレジットカードだの銀行カードだのと悩む必要は無いことだ。
しかし、大金を持ち歩くよりは、カード1枚の方が気が楽だ...と考える無精者だ。

年金の受け取り用として、諸々の支払い用として、銀行に口座を開設することは必要であろう。
しかし、銀行に貯金したところで、利息は期待できない。
それならば箪笥貯金として現金を自宅に置くことも、方法のひとつなのかも知れない。
旅行先にも、常に現金を持参すれば済むことである。

とは言うものの、ある夜の枕元に泥棒さんがいる構図というのもいただけない話だ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
もうじき、国民年金から情報漏洩が発生して以来初めての支払日だ。 引き出しは兎も角、通帳に記帳してみよう。
年金機構の情報流出に便乗、初の電話詐欺被害 : 読売新聞
==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==
地方都市等のクレジットカード支払いに不慣れな店舗では、客が差し出したクレジットカードを持って 「少々お待ちください」 とやらで、店の奥に消えてしまう。 クレジットカードの読み取り機を仕舞い込んでいるのだろうか。

あれは、"スキミング" の為に客の目に触れない所で悪さをしていると思われても致し方の無い所業である。
当地ではクレジットカードに限らず、健康保険カード等の磁気カードを、所有者の目前で扱わない事が多い。
各病院が発行する "病院カード(?)" を預かる事は兎も角として、健康保険証まで預かるのは何故だろうか。
客の目前で確認したならば即座に客に帰すべきであって、病院が与かる理由は見当たらない。
如何に田舎者の "安全神話" が有ろうとも、御時勢を考えれば行うべきでは無い。 怪しいのはおまえだ。
東京の秋葉原や新宿あたりの店舗であれば、数秒でスキミングされ、クレジットカードの情報を抜き出され、半日も経たずに複製カードが出回る。 クレジットカード等の磁気カードの取り扱いには、十二分に注意したい。