2013/11/14 にそれまでのホームページからこのブログに引っ越しして、今日で530日目になる。

過去記事によれば 「ホームページは、ブログに1本化」 したのは2013/11/17だが、「ホームページに悩む」 ということで行ったり来たりの記事の引っ越し作業を経て正式開業したのが2013/11/14ということになるのだな~
ブログの紹介」 にも "基本的に毎日ブログを書く" と宣言しているが、飽きっぽい俺としては良く続いている。

もっとも、このlivedoorブログを利用する事を決めるに当たってや、決めた後に他ブログから過去記事を移転させるについては随分と力作業をしたのだから、飽きたからと言って今更止められるハズも無い。
体力と知力が続く限りは、このブログを書き続けるということだ  過去記事一覧
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

年が改まる時期や、新年度を向かえる時期になると、決まったようにブログを開設する人が多くなる。
退職した親父族や、伴って暇になった(忙しくなった) 女房族が、一念発起してブログを書き始めるのだろう。
新入学や新社会人として門扉を開いた人達も、ブログでも..というところだろうか。 最近ではSNSに走るかな。

ブログやホームページをはじめる時点では、僕の(私の) 素晴らしい内容のブログを皆が見に来てくれるに違いない..溢れるほどのコメントが付くに違いない..等と意気込んでいる。
しかし、世の中に溢れかえるブログの中で、自分のブログだけが輝くハズの無い事を思い知り、書くことを止める。

健康に悩む..博学を教えたい..親子関係の悩み..社会への愚痴....など等、ブログに書きたい事は満ち溢れているが、"素晴らしいと思い込んでいた自分の意見" なぞは殆ど見向きもされない事を知り、ブログを止める。

そんなことから、ある時期に多数開設されるブログは、数ヶ月で執筆者が不在の状態になってしまう物がある。
書きたくなくなったら書かないのは各自の勝手だが、ブログ幕引きをしっかりと行った方が良かろう。

"誰かに読んでもらう為に書く人" は読者がいなくなり、コメントが付かなくなると、書くことを止めてしまうのだろうか。
コメントを欲しい人でも、ブログ操作に不慣れな為に意図せずコメント拒否設定しているブログを見掛ける。 あの設定を変えない限りコメントを付けられる人が限定されるのだから、コメントは少なくなる事を御存じなのだろうか。

この4月からも、随分と新しいブログが開設されたようだ。 そして既に、放置されたブログを随分と見掛ける。
放置されたブログの執筆者は、何を目指して始めたのだろうか?...と改めて疑問に思う4月の終わりである。

関連過去記事:徘徊ブログ選びに思う