ポツダム宣言「本当に読んでないようだ」 志位氏が皮肉:朝日新聞デジタル
安倍首相が「読んでいない」ポツダム宣言 現代語訳だとこうなる
終戦に関する基礎知識を持たない安倍総理大臣の猛進で、戦争に向かうのは嫌だ。
是非論・解釈論は別にして、大東亜戦争の開戦に至った経緯を知っているのだろうか? 

玉音放送を現代語訳で「耐えられないことにも耐え」【終戦記念日】
昭和20年(1945年)8月15日
昭和天皇による玉音放送終戦の詔勅

WikiPedia:終戦の日より抜粋引用
日本政府は、8月15日を「戦没者を追悼し平和を祈念する日」とし、全国戦没者追悼式を主催している。一般にも同日は終戦記念日や終戦の日と称され、政治団体・NPO等による平和集会が開かれる。

日本において第二次世界大戦(太平洋戦争(大東亜戦争))が終結したとされる日については諸説あり、主なものは以下のとおりである。
  •  1945年(昭和20年)8月14日:日本政府が、ポツダム宣言の受諾を連合国各国に通告した日。
  • 1945年(昭和20年)8月15日:玉音放送(昭和天皇による終戦の詔書の朗読放送)により、日本の降伏が国民に公表された日。
  • 1945年(昭和20年)9月2日:日本政府が、ポツダム宣言の履行等を定めた降伏文書(休戦協定)に調印した日。
  • 1952年(昭和27年)4月28日:日本国との平和条約(サンフランシスコ平和条約)の発効により、国際法上、連合国各国(ソ連等共産主義諸国を除く)と日本の戦争状態が終結した日。
4月28日については、サンフランシスコ平和条約が発効して日本が完全な独立を回復した日であることから、「主権回復の日」や「サンフランシスコ条約発効記念日」とも呼ばれている。
連合国軍の占領下にあった1952年(昭和27年)4月27日までの新聞紙上では、9月2日を降伏の日や降伏記念日や敗戦記念日と呼んでいた。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。