介護需要、今後10年間で東京圏45%増予測 創成会議:朝日新聞デジタル
時事ドットコム:東京圏で介護施設13万床不足=2025年時点で-日本創成会議
2025年までに、東京圏(東京・埼玉・千葉・神奈川)では45%、近畿36%、北海道32%などと介護サービス利用者が増加する。 これにより、
  • 介護施設への入所枠を奪い合うような深刻な事態が生じかねない。
  • 救急患者の受け入れが悪化する可能性が高い。
  • etc.
とのことで、
東京圏に住む高齢者の地方移住を提言し、医療・介護に余力のある地方地域41カ所を発表した。
発表された41カ所の中、北陸地方は上越市(新潟県)・富山市(富山県)・高岡市(富山県)・福井市(福井県)のみで石川県は無し  石川県は、余力が無いんだね~ 自慢はするけれど、公式に認められる施設は少ないからね~

地方移住を検討しようかな~(?) という人でも、早めに手を打たなければ時と共に行先が埋まるのかも知れない。
あるいは、この発表が単なる空騒ぎに終わるのかも知れない。 そうあって欲しいものだが、そうは思えない
しかし、「余力のある地方地域」 として挙げられた地域は首をひねるようなエリアだ。 所詮は机上の空論か
とは言うものの、貸家やアパート住まいの者は、地方移住を検討した方が良いのでは...とも考える。住めば都さ。
介護なんか受けなくても いきなりポックリという道を選べば移住は不要だが、墓所が無いということかな

日本創成会議
関連過去記事
気にするな消滅都市
地方創生vs東京過疎化
集団移住も選択肢