2015/07/01は、閏秒実施日とのことだ。
閏秒とは馴染まない用語だが、過去に何度も実施されており、今度が26回目になるとのことだ。
WikiPedia:閏秒より抜粋転載
閏秒(うるうびょう、英: leap second)は、現行の協定世界時 (UTC) において、世界時のUT1との差を調整するために追加もしくは削除される秒である。 この現行方式のUTCは1972年に始まった。
2012年までに実施された計25回の閏秒は、いずれも1秒追加による調整であった。
26回目の閏秒の挿入は、2015年7月1日午前9時直前(日本時間)に行われる。
電波時計を用いているから、自動的に行われるのだろう。 パソコンの時計も同様だろう。(注意)
実際の電波時計は常時受信可能とは限らないため、1時間に1回、あるいは1日に1回程度しか校正しない場合がある。 いずれの場合も、次の校正時刻で補正される。 また標準電波を強制受信することにより、次回の校正時刻を待たずとも挿入後の時刻に合わせることができる。
"うるう秒実施日一覧" 独立行政法人 情報通信研究機構 (NICT)
NEC 121ware.com > Windows 7で時計の時刻や日付を合わせる方法

【参考】 閏年閏日閏月