2014年4月8日でサポートが終了した Windows XP パソコンを利用している人は まだまだ多い様子だ。
このブログ閲覧者でも、昨日だけで5人、過去1ヶ月では30人の来訪があった。

大企業である東京電力ですら経費削減措置の一環として Windows XP パソコンを利用することを決めたというから、庶民に同様の事を考える者がいることは不思議では無いのかも知れない。
しかし、既にサポートが終了した Windows XP は、セキュリティ上で考えれば何とも危険な存在である。
企業のように社内LANだけで利用するのであればまだしも、庶民がインターネットに接続する場合はヤバイ。
過日判明した国民年金から情報漏洩した事件は組織が起こした問題として大きく取り上げられているが、Windows XP パソコンを利用している者の存在は あれに劣らない大問題であろう。

最近、日本ブログ村等に参加している人の記事でも 「パソコンが起動しない」 等を見掛ける事が多くなってきた。
このような記事を見掛けると、それまでは俳諧先としていたブログでも俳諧先から除外して、RSSで間接的に閲覧している。 勿論、コメントをする為に出向く事はしない。
そんなブログは写真を張っている事が多く、その画面を閲覧することだけでウィルス感染するかも知れない。

後50日ほどで Windows 10 がリリースされ、無償アップデートができる
しかし、Windows XP は、無償アップデートの対象外である。
後日になって、Windows XP パソコンを買い替えて Windows 10 を搭載した機種にするよりは、現在は安価なWindows 8.1 パソコンに買い換えておいて、 Windows 10 に無償アップデートする方が得策ではないだろうか。 
ブレーキの利かない危険な車(Windows XP) は廃車にして、新車に乗り換える良いタイミングであろう。


来訪してくださる人達の中で、Windows XP 利用者は "検索サイト" や "日本ブログ村等" からの壱見さんだ。
常連さん(リピーター) で、Windows XP を利用している人がいないことが救いである。
今年の年明けに Windows XP 来訪拒否宣言したが、改めて【拒否宣言】の看板を出し直した。

少し関係するかも知れない過去記事
パソコン不調を嘆く君へ
ブログにアクセス不能2
ブログにアクセスできない
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
年金機構のホームページ閲覧できず 不正対策で改修中:朝日新聞デジタル
機構によると、ホームページは外部業者のサーバーを利用しており、受給者や加入者の個人情報を保存する基幹システムへの影響はないとしている。
とのことだが、そういう問題ではあるまい 改竄されるような外部業者を選んだのは日本年金機構の失態だ。
改竄されるような機構のサーバーにアクセスしたことで、ウィルス感染した国民は堪ったものでは無い。

昨日は、日本年金機構から 「年金 e-mail」 が配信されたが、開封することも無く、とっととゴミ箱に入れた。
このような事態になっている折に、自動配信メールを配信させる神経・感覚が理解できない。 非公務員
そんなことから、配信メールを解約したいのだが、危なくてホームページにアクセスすることが躊躇される
関連過去記事:守るべき国民の安全?!
【2015/06/17追記】
年金機構、案内メール中止 「本物か」問い合わせ相次ぎ:朝日新聞デジタル
流出後もネット遮断せずメール、年金機構理事長が陳謝:朝日新聞デジタル