"エンディングノート" という物が発売され出してから久しい。
遺言遺書のような法的な意義は無いが、終活を行う高齢者ではエンディングノートを書いている人を聞く。

別に、"エンディングノート" なる物を利用せずとも書き残したいことが有るのならば、何にでも書けば良いだろう。
遺言書であれば、法律に定められた用式で、定められた内容を書く必要があるが、エンディングノートは任意だ。
それでも、"エンディングノート" として麗々しく装飾された物であれば、残された者でもすぐ判るということだろう。
また、当人にしても何を書けばよいのか(?) が判らない中で、"エンディングノート" の見本に従えば良いのだから、安直だ。 所詮は自己満足の世界で書き残す物なのだから、何を書き残そうが勝手とも思うのだが...


俺も "エンディングノート" らしき物を書こうと思い、調べた事がある。
得れの場合、書き残したかった内容は、「貯金や保険等の事務処理方法」 と 「遺産相続手続きに必要となる、家系に関わる事」 である。 家系に関しては、必要書類を揃えて相続図を作成した。
市販の "エンディングノート" では、「葬儀 ・ 延命措置 ・ 介護に関する希望」 とか、「自分史」 とかを書くとのことで欄を作られている物が多い。 延命措置以外の、諸々の希望等は遺族に任せれば良いことだ。
優柔不断な遺族は当人の希望どおりに行うのが楽なのかも知れないが、当人の希望というものは大概は面倒だ。
自分史なんて~内容は、読者がいれば上出来だろう。 嫌われ者なら、当人と共に火葬に伏されるかも...

市販の "エンディングノート" では不要な事項が多く満足できなかったので、後日になっても書き換えが楽なワープロで作ることを考えたが、パソコンをいじらない女将は閲覧することができない。
 思案の末、帳面を用いることにした。 学生が用いるようなA4サイズの帳面である。
"連絡先の住所や電話番号" 等、変更要素が少ない事はワープロ打ちした紙を帳面に張り付ける。 俺の汚い字よりは、判読がしやすいからだ。 その下部には、変更するかも知れない事を手書きすることにした。
そんな書き方でページを書き、分類を設けて判りやすいようにした。 分類は、『至急』 や 『葬儀後』 という感じ。

"エンディングノート" よりも、帳面の方が使い易いと、改めて思う終活である。

関連過去記事
終活を開始
「改葬」を思案
高齢者のライフプラン
逝く日に備えて
「墓じまい」 学