走行中の列車で危機、どう逃げる ドアコック使うべき?:朝日新聞デジタル
過日、列車の中に刃物を持った男が現れた事に驚いた数人の乗客が、非常通報ボタンを押して列車を緊急停止させた事件が報じられた。 殆どの乗客は、別車両に逃げたとのことだ。
非常通報ボタンを押して列車を緊急停止させた乗客の行動は、咄嗟に取った無知な行いである。
【上記の記事より】 JR東日本広報部は、「テロや火災などの異常時に乗務員の指示でドアコックを使うことが前提で、乗客が自らドアを開けて脱出するのは極めてまれ。走行中の飛び降りは絶対に避け、停止後に周囲を確認して降り、止まった列車のそばを移動してほしい」 と話す。 他の列車にはねられる危険性もあった。

電車内で急病人が発生した場合にも、非常通報ボタンを押す乗客がいる。 あれも、無知な行いである。
電車が緊急停止したところで、車掌が駆けつけた上で、救急車の手配をするだけである。
非常通報ボタンを押して列車を緊急停止させた場合、運行系統の全体の電車が緊急停止することになる。
当該電車が駅などの位置で止まれば良いが、駅と駅の間などで止まった場合、手配した救急車が近づけない状況が多い。 結果的に、急病人は助からないことになる。 更に、運行系統の全体の電車が動かない状況を作る。

電車内で急病人が発生した場合は、車内から電話して次の停車駅に救急車を手配することだ。

訳の判らない場所で電車を止めて、そこに救急車を出向かせるよりは、間違いなく病人を収容することができる。
救急車が早いといったところで、レールを走る電車のほうが早い。
可能であれば、車掌にも知らせる方法を取りたい。 その為には、電車の司令塔の電話番号を知る必要がある。


電車内で痴漢行為があったとして非常通報ボタンを用いる者もいると聞く。
非常通報ボタンで痴漢行為を知らせようとしたところで、ボタンを押す結果は電車を緊急停車させるだけだ。
当然、電車の司令塔と乗務員は非常通報ボタンが押された事を知るが、なぜ押されたのかは乗務員(車掌) が車内を駆けまわって事情を聞いて初めて知る。 それが痴漢行為と知っても、女性車掌では如何ともしがたい。
電車が緊急停車したのを利用して、犯人が電車から脱出することも有り得る。

知った頭して、非常通報ボタンを押さない事だ。 トンネル内や橋上で緊急停車する場合も有り得るのだ。
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

昨日の、「新幹線内での火災」事件でも 非常通報ボタンを押して、新幹線を緊急停車させたとのことだ。
高速で走行する新幹線を止めて車内から逃げたい気持ちは理解できるが、小田原駅が近い空き地のような位置で緊急停車させるよりは、そのまま走行して小田原駅で止める手段を講ずる方が正しかったのではないだろうか。
新幹線が通過するだけの空き地で救助活動を行うよりは、駅のホームで行う方が素早い事は言うまでもない。
その為には、非常通報ボタン以外に、車掌への連絡用インターホーン的な物が必要である。

ナッツリターン事件ではあるまいし....怖いからといって闇雲に電車を止めても どうなる事では無い。
非常通報ボタンを押す事で、当該新幹線が停電となったばかりでなく、新幹線指令室から緊急停車の信号を受けた周辺の新幹線でも停電が発生する。 ※非常通報ボタンが押されると、通電が遮断する。
それらの新幹線の乗客の苦難は報道されていないが、大変だったろう。 優しい日本人は文句を言わないのかな。
==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==
「警備ゼロ」と識者、欧州の鉄道ではX線検査も : 読売新聞
<東海道新幹線>非常ブザー説明文、火災時は押さないで (毎日新聞) - Yahoo!ニュース