頻尿とは違うようだ。 しかし、就寝時間帯に尿意を覚えて目を覚ます回数が多い。
約2~3時間に1度程度は、目を覚ます。 しかし、トイレに行っても排尿はほんの僅かである。
大酒を飲んでいた若い頃は、寝たが最後で朝まで目覚めることは無かった。 しかし、朝一番の排尿量は立派なものであった。 最近は、朝一番でもチョンチョロと情けないものだ

昼間は概ね3~4時間に1度程度であり、標準的と考えている。
夜間だけは残尿が有るとも思えないのに、頻繁に尿意感から目覚めるのは何故だろう!?

糖尿病の検査で 「高浸透圧性多尿」 や 「腎臓」 の検査を受けたが、異常無しとのこと。
前立腺肥大の診断を受けているが、前立腺癌では無く、投薬も不要とのことだ。
心臓の悪い者は尿を作る機能が低下するそうだが、それかしらん(?) などと自己診断しているが...
結局は、前立線肥大なのだろう
WikiPedia:前立腺肥大症の代表的な症状
  1. 排尿開始遅延: 出るまでの息み時間が長いこと。
  2. 尿線細小: 尿線が細く、チョロチョロしか出ない状態。
  3. 尿線分裂: 尿が散るために便器を汚してしまう状態。
  4. 排尿終末時滴下: 尿の最後の方がポタポタしか出ない状態。
  5. 残尿感: 排尿直後にまだ出し足りない感じがすること。
  6. 尿意頻拍: 常に尿意が襲ってくる状態。
  7. 頻尿: 頻繁な尿意のために足繁くトイレで排尿すること。
  8. 夜間頻尿: 就寝してから排尿のために、何度もトイレに足を運ぶこと。
  9. 尿混濁: 黄色透明の正常な尿が混濁し汚れた状態。
  10. 尿閉: 尿がほとんど出なくなる。
  11. 腎機能低下: 閉塞の影響により血清クレアチニン(Cr, CRE, CREA)が0.3-30%の頻度で上昇。